家族の病気(うつ・パニック)

発達障害だと学歴は無駄なのか?社会から逃げた首席の主婦はこう思う

本ページはプロモーションが含まれます

閲覧ありがとうございます。主婦のはつがカエデです。

娘に発達障害の傾向あり、そして自分もASDの自覚があります。

「発達障害」と「学歴」について、自分の経験をもとに話をしたいなと思って書きました。

一応大学では「首席」でした。でも社会では「精神的に追い詰められて逃げました」

学歴は「発達障害を活かした仕事」についていれば、活かせたのかもしれません。

でも私はそれができませんでした。なので学歴は無駄になっているなと思っています。

そんな立場から、今回の話をさせてもらいます。

▼「私も発達障害かも?」と思ったらコチラの本がおすすめ

▼ASDについて、とてもわかりやすく書かれている本はコチラ

私について

私は大学では首席をとるほど、勉強が大好きでした。

大学と言っても私学ですが、一応「誰もが名前は聞いたことのある」有名大学です。

なので高学歴と言っても良いのかなと思います。

そんな私ですが、多分ASDの傾向が強いと思います。

アスペルガーのチェックリストでは「可能性が高い」と出てましたし、

私の娘は発達障害(ASD・ADHD)の疑いありと医師から意見書をもらっています。

なので私もおそらくASD、もしかしたらADHDもあるかもしれません。

現在私は不安障害とパニック障害を患っています。

そして多分夫もASDでうつを患い、今は復職しています。

不安障害やうつは、発達障害の二次障害から発症した場合があると言われています。

そして「不安を感じやすい人」と「ASD」は結ばれやすいのだそうです。

つまり夫も私もASDの可能性が高いのかもしれません。

またASDは家族集積性(遺伝しやすく、群れをつくりやすい)傾向があります。

私の親族にはうつを患っている人が多く、兄弟もうつ&多分自閉症で現在ニートです。

そして父は多分、ASDの中のアスペルガーだと思います。

そのため母はカサンドラ症候群によるうつを患ったのではないかなと思っています。

私自身ASDの自覚はあります。何より「人とのコミュニケーション」が苦手です。

冗談を本当だと信じてしまう、女子同士が群れたり無駄話したりする意味が分からない。

それよりも「自分に興味のある物」をとことん突き詰める方が好きです。

興味の対象は勉強でもゲームでも何でも。なので「人にあまり興味がない」のです。

まとめると、私は発達障害の中のASDである可能性は高いと考えています。

発達障害は「勉強」はできる

発達障害の中でもASDは「こだわりが強い」という特性があります。

つまり興味を持ったことなら、親に言われなくても、放っておいてもやります。

それは単に「面白いから」「それにこだわりたいから」やるのです。

なので「親に言われたからやる」のではなく「自分がやりたいから」やれるのです。

私も勉強することは苦じゃありませんでした。

勉強を頑張れば、成績と言う結果が返ってくるからです。

人間関係と違って単純だし、自分だけの力でもどうにでもなるし、わかりやすい。

そして好きな授業は「娯楽感覚」で受けてました。単に楽しいんですよね。

なので好きな科目の「生物」だけは、国立大レベルの問題でも解けてました。

ただ苦手な科目は本当に興味が持てずできなかったので、国立は無理でした。

そしてASDは「一番病」に囚われやすいです。

一番病とはその名の通り「誰よりも一番でありたいという気持ちが強すぎる」

つまり脅迫的に「一番でありたい」。一番でなければ怒りを覚える程なんです。

なので勉強もトップを目指しますし、努力次第では本当に首席になれたりします。

私も高校で学年1位、大学では首席になりました。

なので「これだけ成績が良かったら、就職には困らないだろう」と思っていたのです。

しかし、就職氷河期の少し後ということもあり、就活はとても難航しました。

結局、唯一受かったブラック企業に就職し、あまりに辛くて精神を病みそうになり、

逃げるように婚活をして、結婚を機に仕事を辞めてしまいました。

発達障害は高学歴でも仕事ができない

本題ですが「発達障害は高学歴でも仕事ができない」

私はうまく他人とコミュニケーションが取れないから仕事ができないのだと思います。

発達障害だと知らないまま大人になった人は、例え高学歴だったとしても、

他人とコミュニケーションをとれない事は、組織で働くうえで致命的になるんですよね。

会社はざっくばらんに言うと「売り上げを上げたい。そのためにチームに分かれて、

チーム内の人と協力して仕事に取り組み、会社全体で目標を目指す」って感じですよね。

その「協力」ができないのです。というか「協力のしかた」が分かりません。

なので「高学歴でも仕事ができない」という事が起こるのだと思います。

それに発達障害はASD・ADHDともに「他人と衝突してしまう機会」が多くなります。

例えばこだわりを他人に押し付けちゃったり、衝動的に攻撃しちゃったり。

つまり「他人と程よい距離でコミュニケーションをする」というのが難しい。

そして「あいまいさ」「忖度」「お茶を濁す」とかがわかりません。

何でもストレートに言っちゃう。「何でできないんですか」とか。

なので「あの人怖い、嫌な事を言う、相手の気持ちが分からない」などと言われます。

そして「変な人扱い」されて、会社からも浮く存在になります。

私はパート・アルバイトでも、人間関係がこじれて辞めてしまいます。

他人と関わることが多い仕事ほど、人間関係に悩み、辛くなってしまいます。

発達障害と自覚したうえで、自分の特性に合った仕事を選ばないと、

自分も辛い思いをする上に、他人ともうまくいかないので「仕事ができない」のです。

発達障害を活かした仕事ならできたかもしれない

私がもし、人生をやり直せるなら、

早くから「発達障害であること」を知っておきたかったです。

「みにくいアヒルの子」のアヒルのような気分です。しかもハッピーエンドじゃない。

最初からアヒルと知っておけば、みじめな思いをしなくてよかったかもしれない。

ですが「発達障害である」と自覚するのは難しいのかなと思います。

というのも、子育てしていく中で、子育ての難しさに直面し、

子供に発達障害の診断がでて、やっと「自分も発達障害かもしれない」

と自覚する母親は多いそうです。私もそうでした。仕方がないのかもしれない。

でも、自分には「どこか得意で、どこが不得意である」という事を知っておけば、

自分が「できる」仕事について調べ、その仕事を目指して努力できていたと思います。

なのに「発達障害でない人」と同じように頑張り、社会に出ていってしまいました。

「努力する方向」を間違えたのだと、今は感じています。

発達障害なら「発達障害を活かす生き方」をしていれば、

もしかしたら仕事もうまくいっていたかもしれない。学歴も活かせたかもしれない。

仕事や社会に対して、こんなに「不安や恐怖」を抱かなかったかもしれない。

仕事をするのは好きです。お金を貯めるのも好きです。なので仕事はしたい。

でも人間関係がいつもうまくいかないので「仕事が怖い」のです。

その心の葛藤が辛いです。色々思い出して辛くなってしまいます。

なので今はブログをしつつ、メルカリや在宅ワークなどをして収入を得ています。

「過去を嘆いていても仕方ない、自分でできる事をやる」と思って、頑張っています。

まとめ

もし発達障害があっても、親の援助でうまくやれていたり、

たまたま選んだ仕事が自分に合っていて、難なく生活できているなら、

それは「障害」じゃないですから、障害にも気付かず毎日を送れていたかもしれません。

ただ私は「障害」にぶち当たってしまった。人間関係はいつもうまくいかなかった。

しかも親も多分発達障害。なので援助どころか「私が援助する側」になっていた。

結果的に、家でも社会でも居場所がない。うまくなじめない。精神的につらい。

だから「高学歴でも仕事ができない」ようになってしまった。病気も患いました。

ですがここで腐っていても仕方がない。もうここまで生きてしまっているから。

それに途中で人生を降りることもできない。大切な家族もいるから。

なら人生、とことん抗ってやろうと思いました。

だから今からでも、自分が発達障害かどうか調べて、

自分の得意・不得意がハッキリしたら「自分ができそうな仕事」を自分で選び、

ちょっとずつチャレンジしてみようと思っています。

そう思い、まずは「WAIS(知能検査)を受けに行こう」と思っています。

▼「私も発達障害かも?」と思ったらコチラの本がおすすめ

▼ASDについて、とてもわかりやすく書かれている本はコチラ