夫婦関係

【夫側】子育て中の妻の機嫌が悪い理由と対処法を妻がお話しします

閲覧ありがとうございます。

4歳の娘を育てる専業主婦、はつがカエデです。

「なんか妻がイライラしてる」「いつも不機嫌そう」

夫からすると原因も分からないし、妻は何も言ってくれないし、モヤモヤしますよね。

ですが不機嫌な妻は「何か悩み・不安」をひとりで抱えています。

そしてあなたに察してほしいから、不機嫌オーラを出しています。

不機嫌は「怒りという感情が爆発しないよう、必死に抑え込んでいる状態」です。

奥さんは「あなたに頼りたい、でも言えない…」と一人で悩みを抱えています。

この記事を読んで、できれば奥さんを助けてあげてくださいね。

カエデ

妻が不機嫌な理由を3つ、そして対処法&参考になる本2冊を紹介します。

created by Rinker
¥578 (2022/08/07 14:13:26時点 Amazon調べ-詳細)

子育て中の妻の機嫌が悪い理由3つ

子育て中の妻の機嫌が悪い理由は以下の3つです。

  1. 自分の時間がない・一人にしてほしい
  2. あなたに「不平等さ」を感じている
  3. あなたに「私を大切にしてほしい」と思っている

①自分の時間がない・一人にしてほしい

子供がいると、妻は朝から晩まで子供の世話に追われてます。

家事は思い通りにできませんし、もちろん自分の事なんて後回し。

何一つ自由にできない不自由さがかなりツラいです。

もしかしたら「子供と一緒に居るだけで何が大変なの?」と思うかもしれません。

仕事に置き換えて、例え話をしますね。

あなたは「超おしゃべりでよく失敗する新人部下」の世話担当。

あなたは部下の世話をしながら自分の仕事もこなす必要があります。

(ちなみに、自分の仕事ができなければ上司に叱られます。)

部下はあなたが仕事をしている時も遠慮なく、ずっと喋りかけてきます。

仕事もわからないところが多く、あなたは横でずっと見てないといけません。

そして部下は結構な頻度でミスをします。あなたがカバーしないといけません。

さらに昼食も夕食も、あなたがお店に連れていかなければいけません。

妻の場合、たとえ話の「何もできない新人部下」は子供、「自分の仕事」は家事です。

話を聞いて「自分の時間が欲しい」「一人になりたい」って思いませんでしたか?

(ちなみに「上司」はあなたです。

「ずっと家にいたのに、なんで家事出来てないの?」とか言ってませんか?)

妻も同じような気持ちで子供と一緒に居ます。

「子供の事を考えなくていい、一人でゆっくりできる時間が欲しい…」

なのに自分の時間が持てないと、妻はイライラがたまっていきます。

妻が一息つけるのは「子供が寝ている時」だけです。

あなたは子供が寝た時を狙って「夜の誘い」してませんか?

あれはかなりイラっとするのでお気を付けて。

カエデ

「夜の誘い」をしたい時は、奥さんに自分の時間をあげてからにしましょう

②あなたに「不平等さ」を感じている

あなたも『平日は朝から晩まで仕事で疲れた!

だから土日はゆっくり体を休めたい』と思いますよね。

そうして休日は自分の部屋にこもっている…とかしていませんか?

その間、奥さんに子供をまかせっきりではないですか?

奥さんも「でも、仕事して疲れてるんだから仕方ない…」と思って何も言いません。

でも「家事は仕方ないとしても、育児は半々担当でしょ」と、内心イライラしていると思いますよ。

人間は「不平等さ」を感じると、相手に不満がたまります。

せめて休日のどちらか、もしくは午前午後どちらか子供と遊ぶなどして、奥さんにも休みをあげてください。

③あなたに「私を大切にしてほしい」と思っている

①②のように「自分の時間が持てない」「夫は自由にしている」状態が続くと、

奥さんはこう思います。

「ツラい思いをしている私の事、ちっとも分かってくれない」

「私の事なんて大切に思ってくれてないんだわ」

そうして夫に対してイライラをさらにつのらせます。

でもあなたからすると「ツラいなら言えばいいじゃん。何も言わないのも問題でしょ」

「ちゃんとお給料渡してるじゃん、それ以上何を望むの?」って思うかも知れません。

お金も大事ですけど、女性は何より「あなたに察してほしい」と思ってます。

「私が困った時は、何も言わずサッと助けてほしい」

それが無理ならせめて「大変さをわかって、ねぎらってほしい」と思っています。

男性からしたら理解できないことかもしれません。

でも女性は「察する=あなたを大切にしている愛の証」と同じ意味だと思ってます。

つまり「察してくれない=私の事大切に思ってくれてない」と受け取ります。

妻が不機嫌オーラを出しているという事は、あなたに察してほしいから。

それだけあなたに助けてほしい、あなたに頼りたいって思っている証拠です。

カエデ

あなたを一途に思っているから、あなたに期待してしまう。

ちょっとひねくれてる愛情表現みたいなものです。

産後の妻はなぜ機嫌が悪い? 妻が変わった理由

昔の妻はいつもニコニコしてて、とても優しかった。

なのに子供を産んだ後はいつもイライラしてるし、言い方もキツイ…。

私も夫に「娘を産んでから、なんか冷たくなったよね」って言われたことあります。

でもこれ、ちゃんと理由があるそうです。

「夫のトリセツ」「妻のトリセツ」に理由が書いてありました。

夫のトリセツを読んで衝撃だったんですが、

「女性は子供を産んだ後、より良い男性を探しに行く本能を持っている」んだそうです。

生殖可能な時期に、できるだけたくさんの子孫を残すための本能。

だから目の前にいる夫の、悪いとこばかり目につくようになるのだとか。

「この男より良い人がいる」という、次の男性を探す起爆剤にするそうです。

そして妻のトリセツには、このようにありました。

「子供に何かあった時、とっさに対処できるよう、女性は常に情報収集している」

特に「怖い・辛い・ひどい」という危険な体験を、脳が記憶するようになっている。

「前に子供が高熱を出した時、こうやって対処したな」

「そういえば最近、ニュースで変質者が出たって言ってたな」とかです。

子供の危険に備えて、優先的に負の情報を収集して記憶し、とっさの時に備えています。

なので夫が原因で奥さんが「怖い・辛い・ひどいと感じた」思い出は、とくに記憶に刻まれます。

特に産後は寝不足・ホルモンバランスの崩れでイライラセンサーが発動しています。

「産後の恨みは一生」ですのでご注意を。

カエデ

「夫の悪いところばかり目が付く本能」「負の情報ばかり集めてしまう脳」

女性は産後、そんな本能にあらがいながら、あなたと生活しています。

それでもあなたと一緒に居たいからです。

妻の機嫌が悪い対処法

機嫌が悪い妻に「スイーツを買ってくれば機嫌治るかな」とか思ってませんか?

それでも多少は治りますが…。(女性は甘いものを食べたらストレス解消するので)

でも、こうしてもらえるだけで女性は機嫌が治ります。

それは妻の言うことを「否定しない」「共感する」です。

「何かあったの?なんかいつもと違うから…」と、相手を気にかけるように話を切り出し、

悩みや不安を聞いたら、内容はどうであれ否定せずに共感してあげてください。

夫のトリセツいわく、男性は「問題があったら互いに指摘し、早くゴールにたどり着く」考え方。

だから問題が起きたら「ここが悪い。だからこうすればいいじゃん」って言います。

でも問題を指摘されると妻は「あなたが悪い。どうしてできなかったの」と否定に受け取ります。

女性は共感だけでいい。問題解決はいらないんです。

あなたに気持ちがわかってもらえれば、奥さんのストレスは下がります。

他の誰でもない、あなたに理解してもらえたらそれでいい。

なので「それは大変だったね」って分かってもらえるだけで嬉しいんです。

「いつもありがとう、助かるよ」とねぎらいの言葉もくれると嬉しいですね。

奥さんが「私は夫に大切にされている」と感じたら、機嫌は治ると思いますよ。

(+ちょっとお高めのスイーツがあればなお良しですね)

カエデ

妻の不機嫌を事前に防ぎたいなら、女心を勉強しましょう。

下の本がおすすめです(私は両方読みました)

▼簡単に知りたいなら「不機嫌な妻 無関心な夫」

▼がっつり勉強したいなら「妻のトリセツ」

created by Rinker
¥578 (2022/08/07 14:13:26時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

多分この記事を読んでも、やらない夫が大半だと思います。

「なんで自分ばっかり合わせる必要が…」ってところでしょうか。

でも私の両親はそのままこじれて離婚寸前まで行きました。

母は父の愚痴をいつも私に吐き、さらに母はうつを患いました。

両親の間に挟まれた私はとても辛い思いをしました。

私がどう辛かったのかは、下の記事でお話ししています。

【体験談】夫婦仲が悪い場合の「子供への影響と子供の気持ち」 見ていただいてありがとうございます。 4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 私の両親は世間的に見ても「夫婦仲は...

妻や子供のために、めんどくさくても妻を理解してみようと思うか。

めんどくさいからそのまま妻を無視しつづけるか。

あなたはどうしたいか、一度考えてみてくださいね。

created by Rinker
¥578 (2022/08/07 14:13:26時点 Amazon調べ-詳細)
カエデ

「いつもありがとう。これ僕からの気持ちです」

その言葉と一緒に奥様へスイーツのプレゼントはいかが?

私の別ブログで「妻へのおすすめスイーツ」を紹介しています。