食の記事

アーモンド小魚はダイエットに向く? 答:食べ過ぎたら太ります

見ていただいてありがとうございます。
30代主婦のはつがカエデです。

アーモンド小魚は、ダイエット中のおやつとして人気ですよね。

でも「アーモンド小魚はいくら食べても太らない」と誤解していませんか?

ショッキングな事を言いますが、アーモンド小魚も食べ過ぎると太ります。
ですが、食べる量さえ気を付ければ大丈夫です。

この記事では、次の内容をお話しします。

  • アーモンド小魚も食べ過ぎれば太る
  • そもそもなぜ食べ過ぎると太る?
  • アーモンド小魚はどのくらいの量なら食べても太らない?
  • アーモンド小魚の「太りにくい」食べ方
カエデ

太りたくない…そんなあなたの気持ちに応えるような記事を書きました。
どうぞ最後まで、お付き合いよろしくお願いします(^▽^)

▼1食置き換えシェイクでダイエットもいかが?

アーモンド小魚も食べ過ぎたら太る

アーモンド小魚をすすめする身としては言いにくいですが…。
アーモンド小魚は「食べても太らない魔法のおやつ」ではありません。

アーモンド小魚も、食べ過ぎれば太ります。
しかしアーモンド小魚に限らず、どの食べ物でも食べ過ぎれば太ります。

なぜそう言い切れるのか、理由を説明します。

余分なエネルギー源は体の脂肪になる = 「太る」

どの食べ物でも食べ過ぎれば太る」
上の理由を説明する前に、まずは「なぜ食べ過ぎると太るのか?」についてお話しします。

食べ過ぎ…つまり体に必要以上の栄養分があっても、体は必要分しか使いません。

そして、体のエネルギー源となる糖(炭水化物)・脂質・たんぱく質が必要以上にあると「脂肪」としてためてしまいます。

カエデ

狩猟時代は毎日ご飯が食べられたわけではありませんでした。
つまり「飢え」の心配があったんですね。

なので、体は「いつか来る非常事態」のために栄養をためるという性質があるんです。

これが太る原因です。
つまり、1日に必要なエネルギー量(カロリー)以上を食べてしまうと太ります。

デスクワークしている成人の、一日に必要なエネルギー量は次の通りです。

活動量の少ない成人女性の場合は、1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度が目安です。

一日に必要なエネルギー量と摂取の目安:農林水産省 より引用

なので、本題に戻りますが「アーモンド小魚を食べ過ぎると太る」というのはちょっと違います。

アーモンド小魚だけでなく、3食を含めた1日に摂取したエネルギー量の合計を考えなければいけません。

いつもの食事+アーモンド小魚のエネルギー量(カロリー)が、一日に必要なエネルギー量を上回ったときに太る

というのが正確な表現になります。

カエデ

つまりアーモンド小魚に限らず、なんでも食べ過ぎれば太ってしまうのです。

アーモンド小魚は40g程度までなら食べても大丈夫

「じゃあどのくらいなら食べてもいいの?」と思いますよね。

結論を先に言ってしまうと、おやつは200kcalまで。
つまり、アーモンド小魚は40g(小皿3皿分くらい)までなら食べても大丈夫です。

(ですがアーモンド小魚の種類によっても違いますので、場合によります)

カエデ

なぜそのような結論になったのか、説明します

厚生労働省の情報では、間食(おやつ)についてこのように書かれています。

一般的には1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量

間食のエネルギー(カロリー) | e-ヘルスネット(厚生労働省)

なので、「おやつは200kcalまで」を目安とするとよさそうです。

カエデ

次に、アーモンド小魚の200kcalはどのくらいの量なのか計算してみます。

アーモンド小魚は種類がたくさんあるので、我が家で食べている▼味源のアーモンド小魚を参考にします。


味源のアーモンド小魚は(見えにくいですが)100gあたり492kcalです。

そこから200kcalの量に換算してみると、約40gだという事がわかります。
40gは、写真のような小皿の約3皿分くらいです。

つまり、アーモンド小魚は40g(小皿3皿分くらい)までなら食べても大丈夫だと言えそうです。

カエデ

もちろん、アーモンド小魚の種類によっても違います。
気になる方は、カロリーをみて計算してみましょう。

アーモンド小魚の「太りにくい」食べ方

アーモンド小魚に限らず、食べ物で太るのを防ぐためには

  • 食べ過ぎに気を付ける
  • 間食は200kcalにおさめる

…というのが大切だとお話ししてきました。

そこにプラスして、アーモンド小魚の「太りにくい食べ方」についても説明します。

砂糖不使用・もしくは「アーモンド抜き」のアーモンド小魚を食べる

太る原因は「1日に必要なエネルギー量(カロリー)以上を食べてしまう」のが原因でした。
なので、エネルギー源自体を減らせば太りにくくなります。

エネルギー源は糖・脂質・たんぱく質でしたよね。

なので、

  1. 砂糖不使用のアーモンド小魚
  2. アーモンドが入っていない小魚

…を選ぶと、太りにくくなります。

砂糖不使用のアーモンド小魚は「かるりの」で購入できます。

「味付けなしの無添加タイプ」を選ぶといいですね。

②アーモンド小魚の「小魚だけ」は日本吟醸倶楽部で購入できます。


アーモンドのエネルギー(糖質・脂質・たんぱく質)が含まれないので、「アーモンド小魚」を食べるよりは太りにくくなります。

「午後2時」にアーモンド小魚を食べる

「何かを抜く」なんてしたくない!という方は、食べる時間を考えてみましょう。

おやつを食べても太りにくい時間は、ズバリ、午後2時です。

この時間には、体内のBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質が大きくかかわっています。

BMAL1(ビーマルワン)は脂肪の合成を促す働きがあります。
つまりBMAL1(ビーマルワン)があると、せっせと体に脂肪をため込もうとしてしまいます。

そのBMAL1(ビーマルワン)が一番少ない時間が午後2時です。

なので、太りたくない方は「午後2時」にアーモンド小魚を食べましょう。

まとめ

♦アーモンド小魚も、食べ過ぎれば太る

♦いつもの食事+アーモンド小魚のエネルギー量(カロリー)が、一日に必要なエネルギー量を上回ったときに太る

♦200kcalを超えない量を食べる(アーモンド小魚40g、小皿3枚分くらい)

♦「太りにくい」食べ方

  • 砂糖不使用・もしくは「アーモンド抜き」のアーモンド小魚を食べる
  • 「午後2時」にアーモンド小魚を食べる

大事な事なのでもう一度言いますが、どの食品でも食べ過ぎれば太ります。
量を決めて食べることが大切です。

アーモンド小魚でも、どんなおやつであっても、200kcalを超えないようにしましょう。

また「太りにくい」食べ方をすれば、「通常通りアーモンド小魚を食べる」よりは太りにくくなります。
参考にしてみてくださいね(^▽^)

▼砂糖不使用のアーモンド小魚が選べます

▼「アーモンド抜き」のアーモンド小魚


▼1食置き換えシェイクでダイエットもいかが?

▼楽しくエクササイズできる「フィットボクシング2」もおすすめ!

フィットボクシング2は楽しい! 楽しめる所を5つ紹介 閲覧ありがとうございます。 フィットボクシング2を1年続けている主婦、はつがカエデです。 『フィットボクシング2っ...
RELATED POST