商品レビュー

【レビュー】デロンギ コーン式コーヒーグラインダー(KG366J)&使い方も説明

見ていただいてありがとうございます。

毎朝豆からコーヒーを挽く主婦、はつがカエデです。

『手動でコーヒー豆を挽くのがめんどくさい!』

そう思って購入したのが、デロンギのコーン式コーヒーグラインダーです。

メリットは「豆を挽くのがめちゃくちゃラク・挽き方の調節もわかりやすい」

デメリットは「静電気でコーヒー粉が残ってしまう」ところです。

使い方も写真付きで簡単に説明しています。

KG366Jの購入を検討するときの、参考にしていただけると嬉しいです。

▼Amazonの方がお得に購入できます

デロンギ コーン式コーヒーグラインダーの使い方

▼部品の名前

①豆を挽きたい分だけホッパーに入れ、ふたを閉めます

カエデ

1人分(約120㏄)のコーヒー豆の目安量は10gだそうです。

(参考:適切なコーヒー豆の量は?淹れる人数やカップごとの違いまで徹底解説! – macaroni

②粒度目盛を好みの位置に合わせます

挽き方抽出方法
Extra fine(極細挽き)エスプレッソ
Fine~Medium(細挽き~中細挽き)ペーパードリップ・コーヒーメーカー・モカマシーン
Coarse(中挽き)ネルドリップ・サイフォン
カエデ

わが家はペーパードリップなので「中細挽き~中挽き」あたりにしています。

挽き具合は「16段階」調節可能です。

豆の挽き方で味も変わるので、好みの位置に調節してください。

(コーヒー豆の挽き方・抽出方法はコーヒーの種類名前一覧と特徴・違い!淹れ方・焙煎・挽き方 | DRIP PODをごらんください)

③杯数分のダイヤルを回せば、自動的に豆が挽かれます

カエデ

空回りすると故障の原因になるそうです。

豆を挽ききった後は止めるようにしましょう。

④コンテナからコーヒー粉を取り出します

カエデ

動画で使い方を見たいなら「上島珈琲店公式YouTube」がおすすめです。

上島珈琲店は「UCCグループのコーヒー専門店」です)

▼コーン式コーヒーグラインダー(KG366J)の使い方動画

▼豆から本格的にコーヒーを淹れる方法

デロンギ コーン式コーヒーグラインダーのメリット

メリットは何といっても、豆を挽くのがめちゃくちゃ楽!

「手動のコーヒーミルで必死に挽いてたのが何だったのか」というくらい楽です。

この手軽さを一度味わったら、手動でコーヒーを挽きたいとはもう思えません。

手動のコーヒーミルだと、豆の挽き方の調節も難しいんですよね。

ネジを回して実際に豆を挽いてみて、ちょっとずつ調節…と感覚だよりです。

▼コーヒーグラインダーが来るまでは、カリタの手動ミルを使ってました

その点コーン式コーヒーグラインダーなら、メモリで挽き方を調節できます。

私のような「豆の挽き方をよく知らない人」でも上手に豆が挽けます。

豆を挽くのがラク!豆の挽き方も機械任せでOK!

手でコーヒー豆を挽こうとは、もう思えないですね(^_^;)

「コーヒー豆をラクに挽きたい人」にはとても便利なグッズです。

デロンギ コーン式コーヒーグラインダーのデメリット

デメリットは「静電気でコーヒー粉が残ってしまう」ところ。

コンテナ内に静電気が発生して、コンテナ壁にコーヒー粉が貼りつきます。

コーヒーブラシで掃除しても、コーヒー粉が残ってしまいます。

さらに極細挽きや細挽きだと、コンテナを取り出した瞬間に粉が舞うそうです。

「コーヒー粉だらけになっても掃除しやすいところ」で使うことをおすすめします。

「Ross Droplet Technique(RDT)」について

RDT(豆を挽く前に少量の水を含ませる方法)なら、静電気が発生しにくくなるとAmazonレビューにありました。

以下のnoteを参照にしてください。

少量の水でコーヒーミルの静電気は解消できます『RDT-Ross Droplet Technique』の紹介|ブッシュ|note

デロンギ コーン式コーヒーグラインダー(KG366J)  商品情報

製品名デロンギ コーン式コーヒーグラインダー
型式番号KG366J
サイズ幅135×奥行195×高さ290mm
本体重量1.6Kg
ホッパー容量310g
コンテナ容量110g(中挽き時)
豆挽き調節16段階
付属品クリーニングブラシ

▼クリーニングブラシ

▼以下の部品は食器用中性洗剤&スポンジで洗えます

カエデ

くわしくはKG366Jの説明書をご覧ください。

まとめ

実は、コーン式コーヒーグラインダーを注文したのは私…ではなく夫です。

なので商品が届く前は「豆挽くために機械買うの? 手動で挽いた方が安上がりじゃん」

…と思っていました。

ですが実際に使ってみると「コーヒー豆を挽くのがラク!これは便利!」

そして手動ミルでコーヒー豆を挽いた時よりも、コーヒーがおいしくなった気がします。

「夫ゴメン、これは買って大正解だわ」と思った商品です。

めんどくさがりな私でも「これならコーヒー豆挽くか」と思えるほど便利ですよ。

カエデ
  • コーヒー豆を手で挽くのがめんどくさい
  • コーヒー豆の挽き方がよくわからない

…という方に「デロンギ コーン式コーヒーグラインダー」がおすすめです!

▼Amazonの方がお得に購入できます

▼わが家は「澤井珈琲のコーヒー豆」を愛飲しています。お手頃価格でおいしい!

【レビュー】愛用歴4年のコーヒー好きが澤井珈琲のメリット・デメリットを説明! 見ていただいてありがとうございます。 澤井珈琲のコーヒー豆を愛用して4年 & 毎日コーヒーを飲むのが習慣になっている、はつがカエ...

▼コーヒーを入れるコップには「サーモスのステンレスカップ」がおすすめです

【レビュー】コーヒーカップにサーモスの真空断熱ステンレスカップがピッタリ! サーモスの真空断熱カップは、こんなカップを探している方におすすめです 熱々コーヒーを淹れても、外側が熱くならないアイスコーヒー...
RELATED POST