子育て

【体験談】子供に「言ってはいけない言葉」を、つい言ってませんか?

閲覧ありがとうございます。

4歳の子供を育てながら色々悩んでしまう主婦、はつがカエデです。

子供に「言ってはいけない言葉」あなたは思いつきますか?

意外と皆「言ってはいけない言葉」を日常的に言ってると思いますよ。

昔親から言われた言葉そのままで、自分の子供を育てているからです。

そこでこの記事ではこんな内容をお話しします。

  • 私が父親に言われて傷ついた言葉
  • 「先に帰るからね!」は子供を混乱させる
  • 親の言葉は忘れられずに、そのまま子供へ受け継がれる
  • 「言ってはいけない言葉」を言わないために読む本

▼この本を読めば「言ってはいけない言葉」がわかります

【体験談】父親に言われて傷ついた言葉

私は父親に言われて傷ついた言葉があります。今でも心に刺さってます。

それは「お前はもう、うちの子じゃない」という言葉。

私が夫と結婚し、家を出る数日前に言われた言葉です。

簡単にお話しすると、精神疾患のある兄弟のために、私がアレコレ助けようとしていました。

心療内科について行って、どうしたら良くなるか聞きに行ったりしてました。

「嫁ぐ前に、兄弟の精神状態がちょっとでも良くなったら」と思ってたんです。

でも父親からしたら「もうよその家に嫁ぐんだし、余計な心配をするな」ってことなんでしょう。

でも父の言葉すっごく傷つきました。その後ボロボロ泣きました。

そして家を出た後もマリッジブルーとなり、なにもしてなくても涙が止まらない状態に。

「もし何かあっても、もうあの家には帰れない」そう感じたんです。

今思うとその言葉、子供の「安心できる場所を奪う」「子供を見放す言葉」なんですよね。

「何かあっても、もう私には逃げる場所がない」って感じです。

突然ですが「マズローの欲求5段階説」って知ってますか?

人間の欲求には5つ段階あります。

よくこのようなピラミッドの形で表されます。

一番最下層に「生理的欲求」、次に「安全の欲求」、次に「社会的欲求」が来ます。

安全の欲求とは「心身ともに安定した生活を送れる場所に身を置きたい」

社会的欲求とは「何らかの集団に所属して安心感を得たい」

そしてその居場所は「たくさんあればあるほど心が安定」します。

父の言った言葉は「安心できる居場所を奪う言葉」だったんです。

だから私は不安・恐怖・絶望という気持ちを感じたんだと思います。

カエデ

「放っていくからね・置いてくよ・追い出すよ・先に帰るからね」

このあたりも同じ意味を持つ言葉だなって思いました。

実は昔、娘にも言ってしまいました。

今は言わないよう気を付けています。(反省)

「先に帰るからね」=ダブルバインドで子供が混乱

帰る時間になっても、子供が話を聞いてくれない。

だから「もう知らないから!先に帰るからね!」

あなたも言ってしまったこと、ありませんか?(私はあります)

でも、本当に帰ったりしませんよね。

子供をその場から動かしたい(コントロールする)ために嘘をついているだけ。

商品棚の裏側に隠れて、子供が自分を探して動くのを待っていますよね。

でもこれ、本によると「ダブルバインド」と言って良くないことらしいです。

(本については最後に紹介します)

カエデ

てぃ先生の動画を見た方は、知っている言葉かもしれませんね。

実は子供は「大人が嘘をついている」こと、案外見抜いているのだそうです。

だから親から「嘘をついちゃいけない」って言われたのに、親が嘘をついている。

そうすると子供は混乱するそうです。

「親が言っていることはどっちが本当なんだろう、どうしたらいいの?」って感じ。

実はさっきの私の体験談に、続きがあります。

父は「よその子だから」と言ったのに、母は「こまめに帰ってきて」って言うんです。

さらに娘が生まれた後、父から「1~2週間ごとに電話しよう」とも言われました。

私(子供)からすると、本当に混乱する話です…。

ダブルバインドが続けば、子供は「自分で決めること」ができなくなります。

そうして判断をあおぐために、常に親の顔色を窺(うかが)うようになるのだとか。

親の顔色を窺って育った子は、将来他人の顔色を窺って生きるようになります。

そうなると自分軸のない、とても生きづらい人生を歩むことになります。

親に言われた言葉は忘れられない

夫の母は急ぐ状況でもないのに「早くして」が口癖です。

私の娘にも「早くして」って言ってたので、多分無意識なんだろうなと思います。

カエデ

ちなみに「早くして」「急げ」は、ゆっくりしちゃダメと同じ意味。

後で紹介する「拮抗禁止令」の一つです。

それを言われて育った夫も、急ぐ用事でもないのに「早くして」と娘にいいます。

そして最近娘も「早く」と言います…。

このように子供は「親に言われた言葉」が忘れられず、そのまま子供に受け継がれます。

本によると「幼少期に親や周りの大人から受けた禁止令を通じて「人生脚本」を書く」そうです。

つまり子供は親の禁止令通りに育っていきます。

そしてその言葉で育った子供が大人になった時、自分の子供へ同じように言います。

親に「親の言う通りにしなきゃダメ」と言われれば、自分の子供にも「親の言う通りにしなきゃダメ」と言います。

親にそのように育てられたら、自分の子供にもそのようにしか育てられないですよね。

そして自分の言う通りにしない子供に、無意識にイラつきます。

「私はそのように育ってきた、そうじゃなきゃ許されなかった」過去があるからです。

そうして昔の自分と同じように、子供にも禁止令をだしてコントロールしようとします。

さらに「なぜこんなことでイラついてしまうんだろう…わからない」と苦しむ羽目にもなります。

その話はちょっと長くなるので、次の記事を読んでもらえたら嬉しいです。

子供に怒ると後悔→自己嫌悪→罪悪感で辛い…怒鳴ってしまうのをやめたい 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 『子供に対して、どうしても厳しく怒ってしまう...

「言ってはいけない言葉」を言わないために読む本

「言ってはいけない言葉」で育った子供が大人になって、子供が生まれた時。

そのまま育てれば、親と同じように育てようとします。

だから「言ってはいけない言葉」を言いたくないなら、考えを改めるしかありません。

でも「じゃあどう言えばいいの?」って思いますよね。

そんな時に坪田信貴さんの本がおススメです。

坪田さんは「ビリギャル」の著者です。

大学時代から心理学を学び、塾で心理学を活用した学習指導をしてきたそうです。

その生徒の一人がビリギャルの「さやかちゃん」なのだとか。

この本には子供に「言っちゃいけない言葉」と「じゃあどう言えばいいのか」が載っています。

子供の可能性を奪う言葉「拮抗禁止令」と「13の禁止令」は必読です。

下の言葉に思い当たる節があったら、ぜひ読んでみてほしいです。

「拮抗禁止令」

  • 完全・完璧であれ
  • 他人を喜ばせ、満足させよ
  • 努力せよ
  • 強くなれ
  • 急げ

なるほど、この言葉を言うと子供はこう思うからダメなんだなとか、

こう言ってあげたら子供は嬉しいだろうな。自分から行動するだろうな、とか。

けっこう「目からウロコの言葉」が多かったですよ。

私も電子書籍で購入して、何度も読み返しています。

正直、一度読んだら考えが変わるもんじゃないです。

染みついた考え方を変えるって、けっこう難しい。

でも「娘は自分のような生きづらさを感じさせたくない」その一心で勉強してます。

『自分のような生きづらさを子供に味わわせたくない』とか、

『子供に自分らしく、のびのびと育ってほしい』と思っているなら読んでみてほしいです。

まとめ

子供に言ってはいけない言葉って、おどしや不安にさせるような言葉がおおいです。

恐怖を感じさせ、子供を親の思いどおりにコントロールするためです。

「今すぐ帰らなかったらおやつ抜きだからね」とかですね。

でも「人生は禁止ごとが多くて、破ったら罰を与えられる」と教えられて育った子供は、将来は明るい物って思えないですよね。

それより「人生は自分らしく、のびのびと生きられる」と、将来に対してポジティブに考えてほしいです。

そのために「子供への声のかけかた」を、本を読んで今一度考えてみてはどうでしょうか。

▼他の「子育ての悩み」も良かったらごらんください

子供に怒ると後悔→自己嫌悪→罪悪感で辛い…怒鳴ってしまうのをやめたい 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 『子供に対して、どうしても厳しく怒ってしまう...
【体験談】専業主婦の子育てはしんどい・イライラする!でもそれって甘え? 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘を育てる専業主婦のはつがカエデです。 専業主婦で子育てしてると、つらい・イライ...
【体験談】子供(1歳~1歳半)との遊び方がわからない! こどもちゃれんじぷちなら解決 閲覧ありがとうございます。 幼稚園児の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 娘が1歳をすぎたころ、ちょうど「新しい生...
【体験談】Youtubeは子供に見せたくない! 変な動画を見て悪影響が気になる 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘をほぼワンオペで育てる主婦、はつがカエデです。 YouTubeは無料で見られる...
育児中は趣味ができない…辞めるべき?→なんとか両立させよう 閲覧ありがとうございます。 幼稚園児の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 育児中って、趣味の時間持てませんよね…。...
RELATED POST