生活

ゆうちょ銀行のキャッシュカード紛失! 取引停止・再発行・取引停止解除方法について

♦この記事は、こんな方に向けに書いています

  • ゆうちょ銀行のキャッシュカードをなくしてしまった方

♦この記事を読むと、こんなことがわかります

  • キャッシュカードの利用を停止する(使えないようにする)
  • キャッシュカードの再発行について
  • キャッシュカードが見つかった場合の手続き

見ていただいてありがとうございます。

最近ゆうちょ銀行のキャッシュカードをなくしてしまった、はつがカエデです。

もし今、あなたが「キャッシュカードをなくして慌てている」のであれば、

まずは「キャッシュカードの取引停止手続き」だけすぐに行いましょう。

それから落ち着いて行動すれば大丈夫です。

この記事では「キャッシュカードをなくした場合に取る行動」を、

私の実体験をもとに順番に説明していきます。

  • ゆうちょ銀行のキャッシュカードを紛失
    すぐキャッシュカードの取引停止手続きをする
  • キャッシュカードの再発行手続き方法
  • 紛失したキャッシュカードが見つかった場合
    ⇒ 紛失届出解除(取引停止解除)をする
  • 再発行手続き後、1・2日以内に見つかった場合
    ⇒すぐ「貯金窓口」へ行きましょう
カエデ

私は無事に「ゆうちょ銀行の新しいカード」を作ってもらえました。

困っているあなたの参考になれば幸いです。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを紛失 ⇒ すぐキャッシュカードの取引停止手続きをする

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを紛失した場合は、急いでキャッシュカードの取引停止手続きをします。

(取引停止 = キャッシュカードを使用不可にすること)

キャッシュカードの取引停止手続き方法

  • 近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口へ行く
    • 取扱時間:9:00~16:00
      (中央郵便局など一部の郵便局では18:00まで)
    • 休業:土日祝、12/31~1/3
  • ゆうちょ銀行 カード紛失センター ( TEL : 0120-794-889 ) へ電話
    • 通話料無料
    • 年中無休
    • 24時間受付

詳しくはこちらから >> カードや通帳等の紛失・盗難-ゆうちょ銀行

カエデ

不正利用されるのを防ぐために「紛失・盗難」がわかったら、すぐに連絡

キャッシュカードの取引停止後は、次の行動をとりましょう。

ここからは急ぎの用事ではありませんので、おちついて行動してください。

  1. 新しくカードをつくる
    ⇒キャッシュカードの再発行手続きをする
  2. なくしたカードを探す
    ⇒キャッシュカードが見つかった場合、取引停止解除をしてもらう
    (見つかったカードを使えるようにしてもらう)

(なお「キャッシュカードの再発行」は、今後カード不要であれば必要ありません)

①ゆうちょ銀行のキャッシュカードの再発行手続き

ゆうちょ銀行のキャッシュカード再発行手続きは、郵便局の「貯金窓口」で行います。

カードをなくした本人が行く必要がありますので、注意してください。
(どうしても行けない場合は「委任状」を使って、代理人の方に頼みましょう)

以下の内容をお話ししていきます。

  • 郵便局の「貯金窓口」取扱時間:平日9:00~16:00
  • キャッシュカード再発行に必要なもの3つ
    • お届け印(口座開設の際に使用した印鑑)
    • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
    • 通帳
  • 手数料は1,100円
  • キャッシュカード再発行にかかる日数:1-2週間
  • 新しいカード発行後は、古いカードが見つかっても使えない
  • 暗証番号はそのままになっている

再発行手続き後「1・2日の内にキャッシュカード」が見つかった場合は、すぐに「貯金窓口」へ行きましょう。

詳しくはこちらで説明しています。

郵便局の「貯金窓口」取扱時間:平日9:00~16:00

キャッシュカードの再発行手続きができる時間は以下の通りです。

土・日・祝、12/31~1/3は休業していますので注意してください)

平日9:00~16:00(中央郵便局など一部の郵便局では18:00まで)

どうしても「貯金窓口」の取扱時間に行けない場合は、「委任状」を使って代理人の方にお願いしましょう。

委任状・委任状の記載例は、ゆうちょ銀行公式HPに載っています。

委任状について(ゆうちょ銀行公式HP)

カエデ

ちなみにネットでの再発行手続きはできません。

キャッシュカード再発行に必要なものは3つ・手数料は1,100円

カード再発行に必要なものは、以下の通りです。

  • お届け印(口座開設の際に使用した印鑑)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 通帳

詳しくはこちらから >> カードや通帳等の紛失・盗難-ゆうちょ銀行

そして、カードの再発行には1枚につき1,100円(税込)の手数料がかかります。

貯金窓口に行くと「再発行請求書」がもらえます。

指示通りに記入して、上記3点 + 手数料1,100円とともに提出します。

カエデ

本人確認書類については、本人確認書類一覧-ゆうちょ銀行をご覧ください。

キャッシュカード再発行にかかる日数:1-2週間

「キャッシュ再発行手続き」完了後、1-2週間で自宅に送ってくれます

お手続き完了後約1~2週間で、お客さまの住所に郵送いたします。

キャッシュカード再発行手続きから受け取りまでに… | よくあるご質問 | 株式会社ゆうちょ銀行 より引用
カエデ

私の場合は、1週間くらいで到着しました。

この時「書留」と言う形で届きます。

なので誰かが家にいる必要があり、受け取りには「印鑑」が必要です。

もし受け取れなかった場合は「郵便局側で1週間保管 ⇒ 超えた場合は処分」されてしまいます。

不在票が入っていた場合は、すぐに連絡しましょう。

古いカードはもう使えない

新しいカードが発行された時点で、古いカードはもう使えません。

古いカードは見つかった場合は、切り刻んで処分しましょう。

カエデ

カードは次のようにして、気を付けて処分しましょう。

  • ハサミで細かく切り刻む
  • プラスチックもOKなシュレッダーにかける
  • カードのゴミは数回に分けて捨てる
    (同じ袋に捨てると、パズルのようにくっつけて復元される可能性がある)

♦「カードを処分できる」シュレッダーはこちら♦

 ▼手動タイプ

▼電動タイプ

新しいカードの暗証番号は、古いカードの時と同じ

新しいカードは、暗証番号がそのままになっています。

改めて暗証番号の変更をする必要はありません。

万が一、古いカードが誰かに渡って「暗証番号を入力」されても使用できません。

(つまり、不正利用される心配なし)

なので、暗証番号はひきつづき同じ番号のままで使えます。

カエデ

「どうしても不安な方」は、暗証番号を変更しましょう。

②ゆうちょ銀行のキャッシュカードが見つかった場合:取引停止の解除を依頼

再発行する前に(もしくは再発行せずに)、ゆうちょ銀行のキャッシュカードが見つかった場合をお話しします。

見つかったカードは、そのままでは使用できません。

郵便局の貯金窓口に行って「紛失届出解除」(取引停止解除)を依頼します。

(取引停止解除 = 見つかったカードを再び使えるようにしてもらう)

「紛失届出解除」(取引停止の解除)の場合、本人が行く必要があります。
(どうしても行けない場合は「委任状」を使いましょう)

カード紛失届出解除に必要なものは、以下の3つです。

  • 発見したカード
  • お届け印(口座開設の際に使用した印鑑)
  • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証など)

詳しくはこちらから >> カードや通帳等の紛失・盗難-ゆうちょ銀行

貯金窓口に行くと「紛失(盗難)届出解除依頼書」を渡されますので、記入します。

紛失届出解除をしてもらった後、再びキャッシュカードが使えるようになります。

再発行手続き後1・2日の内にカードが見つかった場合 ⇒ すぐ貯金窓口へ

もし再発行手続き後、1・2日の内に発見した場合はすぐに「貯金窓口」へ行きましょう。

(その際の持ち物はこちらを参照してください)

なぜなら、手数料1,100円が返ってくるかもしれないからです。

まだ新しいカードが発行されていない場合は、「再発行手続きを停止」することができます。

そして、「紛失届出解除」(取引停止解除)に切り替えられる可能性があります。

(つまり新しいカードを作るのをやめて、見つかったカードが利用できるようにする)

新しいカードを作る必要がなくなるので、カード再発行費用の1,100円は返金してもらえます。

ですが、新しいカードが発行されてしまったら、古いカードの「紛失届出解除」(取引停止解除)はできません。

(つまり新しいカードができた時点で、古いカードはもう使えなくなります)

カエデ

なので「再発行手続き後に1・2日でカードを発見した場合」は、すぐ貯金窓口へ!

まとめ

♦ゆうちょ銀行のキャッシュカードを紛失 ⇒ すぐキャッシュカードの取引停止手続きをする

♦キャッシュカードの取引停止後は、以下のようにする

  1. 新しいカードを作る ⇒ キャッシュカードの再発行手続きをする
    (新しいカードを作ってもらう)
  2. なくしたカードを探す ⇒ キャッシュカードが見つかった場合、取引停止解除をしてもらう
    (見つかったカードを使えるようにしてもらう)

♦キャッシュカードの再発行手続き

  • 郵便局の「貯金窓口」取扱時間:平日9:00~16:00
  • キャッシュカード再発行に必要なもの3つ
    • お届け印(口座開設の際に使用した印鑑)
    • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
    • 通帳
  • 手数料は1,100円
  • キャッシュカード再発行にかかる日数:1-2週間

♦ゆうちょ銀行のキャッシュカードが見つかった場合:取引停止の解除を依頼

  • カード紛失届出解除に必要なもの3つ
    • 発見したカード
    • お届け印(口座開設の際に使用した印鑑)
    • 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証など)

♦再発行手続き後1・2日の内にカードが見つかった場合 ⇒ すぐ貯金窓口へ

  • 再発行手続き ⇒ 紛失届出解除(取引停止解除)へ変更できる可能性がある
  • 手数料1,100円が返ってくるかもしれない

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを紛失したとわかった時点で、貯金窓口かカード紛失センターにすぐ連絡しましょう。

これで不正利用されることは防げます。

その後は

  1. カード再発行
  2. 紛失したカードを探す ⇒ 見つかった場合は紛失届出解除

するようにしましょう。

それぞれの手続きには必要なものがあります。

よく確認の上、忘れずに持っていきましょう。

RELATED POST