子育て

【体験談】トイトレは怒って厳しくするよりも、ほめた方が成功する

見ていただいてありがとうございます。

未就園児の3歳娘を持つ、30代主婦のはつがカエデです。

トイトレ、うまくいかないことが多いですよね。

私の娘もトイトレ初成功まで1年もかかりました。

まぁーイライラしますよね! 私も何度も怒ったことあります。

ですが、私の体験から言うと「怒ってもトイトレは成功せず、むしろ逆効果」になってしまいます。

一切叱らずにほめまくった方が、素直にトイトレしてくれることがわかったんです。

カエデ

この記事では次の内容をお話しします。

  • 【結論】トイトレは怒って厳しくするよりも、ほめた方が成功する
  • トイトレで怒ってはいけない理由
  • 心理学でも「叱るよりもほめる方が成功する」
  • トイトレは怒ると「むしろ逆効果」だった
  • トイトレでどうしても怒ってしまう時は休もう

【結論】トイトレは怒るよりも、ほめた方が成功する

私の娘も2歳ちょっと前からトイトレをはじめ、3歳になりたての頃にやっと成功しました。

つまり1年ちょっとかかったことになります。

まぁー、たくさん怒りました。あまりにイライラして怒鳴り散らしたこともあります。

でも怒ってもトイトレは全く進まず、むしろ逆効果だったんです。
(後で詳しくお話しします)

一方、夫は一切叱らずに、とにかく娘をほめまくりました。

トイレに行けたらほめる、座れたらほめる、出なくても「行動したことにほめる」

トイトレ失敗しても「大丈夫だよ、次がんばったらいいからね」と声をかけていました。

しばらくすると、なんと娘自ら、おまるに座ってトイトレするようになったんです。

夫が座ったことをほめると、さらに娘はトイトレを頑張るようになりました。

自分でおまるに座る回数が増え、3歳なりたての頃にトイトレ初成功!

なので「やっぱり子どもって怒られるよりも、ほめられた方がやる気が出るんだな」と思いました。

トイトレで怒ってはいけない理由

オムツブランドのGOO.N公式サイトにはこう書かれています。

トイトレで絶対にやってはいけないことは「子どもを叱ること」

というのも、子供は「なぜ怒られているのか」理解できないそうです。

子供の立場に立ってみると、こんな感じかもしれません。

「オムツしてた頃は怒られなかったのに、なんでいきなり怒られるようになったの?」

だから子供は「怒られている理由」がわからず、困ってしまうそうです。

さらに子供は「トイトレしたら(理由は分かんないけど)親に怒られる」事だけ覚えてしまいます。

つまり「トイトレ = 怒られる = トイトレは嫌なこと」と結びつけてしまします。

なのでトイトレから逃げるようになってしまうんです。

▼焦らせても子どもは「トイトレプレッシャー」から逃げるようになります(娘もそうでした)

心理学でも「叱るよりもほめる方が成功する」

「怒るのはダメってわかったけど、ほめたら本当に成功するの?」と思ってしまいますよね。

なので心理学で「叱るよりもほめる方が成功する」理由をお話しします。

心理学では叱るよりもほめる方が伸びると言われています。

人はほめられるとモチベーションが上がって、相手の期待に応えようとするそうです。
(ピグマリオン効果)

大事なことは「口先ではなく、相手が必ず成長すると思って言葉をかけること」

そうすれば自分の期待が相手に伝わると言われています。

ピグマリオン効果の反対が「ゴーレム効果」です。

ネガティブな言葉をかけられ続けると、モチベーションが下がってしまいます。

「どうして○○できないの」「○○できない子は悪い子ね」

…などと言うと、自信ややる気が無くなってしまいます。

なので子供にトイトレを頑張ってほしいなら「必ず成功すると信じる・頑張った過程をほめる」

「○○ならできるよ・今度はできると信じてるよ・ここまでできたね!すごいね」

など前向きでポジティブな言葉をかけてあげると、子供のモチベーションも上がるそうですよ。

カエデ

また「人は誰かに見られている」と、モチベーションが上がるそうです。(ホーソン効果)

「お母さん、いつも○○が頑張っているのすごいなと思う。期待してるよ」

と、頑張っている姿をほめてあげると効果的なのだとか(^▽^)

▼心理学の本はこちらを参考にしました

created by Rinker
¥1,100 (2022/05/21 09:23:52時点 楽天市場調べ-詳細)

トイトレは怒るとむしろ逆効果だった

白状すると、私は娘がトイトレで失敗した時、何度も怒ったことがあります。

私が「娘に一番怒鳴り散らした日」の事をお話しします。

娘は2歳半になってもトイトレを嫌がり、オムツを履きたがりました。

なので私は「何も履かせない作戦」をしてみたんです。

カエデ

「オムツを履かせないで、おしっこをもらした不快感を味わえば、自分でトイレに行こうと思うのではないか」

そう思って、昼間は何も履かせずに遊ばせていたんです。

ある日、家事がおわって娘のいる部屋に行ってみるとビックリ。

盛大におもらしして、地面がビチャビチャになってるんです。

さらにそのおしっこで、水たまりで遊ぶようにビチャビチャしている娘の姿が。

「トイレに行きたい時は言いなさいって言ったでしょ!」と怒っても娘はヘラヘラ。

「このタオルで拭きなさい!」とタオルを渡しても、拭かないで遊びだす。

ついに私も感情をおさえきれなくなり、かなり怒鳴り散らしてしまいました。

娘は大泣きです…。

その後、娘はますますオムツを脱ぎたがらなくなりました。

お姉ちゃんパンツ(普通のパンツ)も断固拒否です。

さらにオムツでうんちをしても「うんちしてないよ」とウソをつくようになったんです。

つまりトイトレどころか、トイレしたことを隠すようになってしまいました…。

なのでトイトレは怒ると逆効果になってしまうようです。

トイトレでどうしても怒ってしまう時は休もう

「トイトレしてたら怒らないなんて無理だよ!」その気持ち、とても分かります。(私も怒りましたし)

ですが焦っても怒っても子どもには効果がなく、むしろ逆効果のようです。

なので親が疲れていて余裕がない時は、トイトレをお休みするのも考えてみてください。

私も、先ほどお話しした「一番怒鳴り散らした日」から数か月、トイトレをお休みしました。

トイトレお休みの間、娘はオムツ履きっぱなしです。

カエデ

私も「別にオムツ外れなくたって死ぬワケじゃないし。

幼稚園でお友達がオムツ履いてないのを見たら、さすがに自分で気づくやろ」

と開き直りました。

トイトレをお休みした数か月後に、夫とトイトレを再開したみたんですが…。

冒頭でお話しした通り、失敗しても怒らない、とにかくほめまくるようにしたらトイトレ成功したんです。

つまり子供が失敗しても受け止めてあげられる、ほめてあげられるくらい、親の心に余裕がなければトイトレは成功しません。

なのであなたが「今はそんな余裕ないな」と思ったら、トイトレをお休みするのも手だと思います。

カエデ

トイトレをお休みしている間も、子供は成長します。

成長すると子供の中で「トイレする意味」がわかるようになるみたいです。

私の娘も3歳になって突然、自分からおまるに座っておしっこしましたよ。

▼トイトレをお休みする方も結構いますよ

子供の成長具合、やる気、タイミングで突然できることだってあります。

なので「いつかできる」と子供を信じて、ゆっくり待ってあげるのも大事かもしれませんね。

まとめ

「トイトレしてたら怒らないなんて無理だよ!」その気持ち、とても分かります。

ですが私の体験談でもお話しした通り、怒っても上手くいきません。

それどころか排泄するのが怖くなって、トイレを我慢してしまう子もいるようです。

心理学的には「叱るよりもほめる方が成功する」と言われています。

「○○はできると信じている・ここまで頑張ったね、すごいね!次も頑張ろうね」

など、前向きでポジティブな言葉をかけると子供のモチベーションも上がります。

といっても、あなたの心に余裕がなければ、なかなかほめる気持ちにもなりませんよね。

なので心に余裕がない時は、いっそのこと「トイトレをお休み」しましょう。

そして、あなたの心に余裕が出てきたら「ほめるトイトレ」にチャレンジしてみてください。

カエデ

大丈夫、あなたのお子さんも「トイトレ成功できる日」はいつか来ます。

必要な時はお休みして、あなたが頑張れる時だけ頑張るで良いと思いますよ。

▼私のトイトレ失敗談はこちらです

【体験談】1年かかったわが家の「トイレトレーニング失敗談」聞いてください 見ていただいてありがとうございます。 未就園児の3歳の娘を持つ、30代主婦はつがカエデです。 聞いてください。私の...

▼わが家のトイトレ成功のコツはこちら

【体験談】わが家の娘は3歳でトイレ成功! 成功のコツ5つシェアします 見ていただいてありがとうございます。 未就園児の3歳娘を持つ、30代主婦のはつがカエデです。 トイレトレーニングっ...

▼「こどもちゃれんじのトイトレは効果ある?」こちらでお話ししています。

【体験談】こどもちゃれんじのトイレトレーニングは効果あり! 3つのメリット この記事はこんな方向けに書いています。 しまじろうのトイレトレーニングって効果あるの?子どものトイトレ、うまくいかなくて悩んで...
RELATED POST