子育て

子供に怒ると後悔→自己嫌悪→罪悪感で辛い…怒鳴ってしまうのをやめたい

閲覧ありがとうございます。

4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。

『子供に対して、どうしても厳しく怒ってしまう。

怒った後、なんでこんなことで怒っちゃったんだろうと後悔する』

それで悩んでいませんか?

実はちょっと前の私も悩んでいました。

「私がお母さんで本当に申し訳ない…」と自分を責めることなんてしょっちゅう。

この記事ではそんな私の体験談を多めに話しています。

「怒鳴ってしまうのを辞めるには、まずお母さん自身を許して、自分の心を癒すことが優先」

私も心がすくわれたので、あなたにも読んでほしい本2冊を紹介します。

created by Rinker
¥1,320 (2022/08/07 16:20:59時点 Amazon調べ-詳細)
カエデ

どちらもAmazonのkindleUnlimitedで読めます。

30日間無料で本が読み放題になりますよ。

トイトレ中の娘に大声で怒ってばかり

私の娘は幼稚園入園なので、3年間朝から晩までずっと一緒でした。

私が娘に対して、一番怒りまくってたのはトイトレ中でした。

というのも娘はトイトレが苦手で、リビングで漏らしてしまう事も度々ありました。

結局、丸1年かかりました。

正直に言うと、娘が泣いてるのに大声で怒鳴りつづけたこともありました。

ベビーサークルの中に入れて、泣いてもお構いなしに距離を取ったこともありました。

子育てするまでこんなに怒ったことなかった。

なんでこんなに怒ってしまうんだろう。

他のお母さんだったら、笑って許してるんだろうな。

私って子育て向いてないのかな。私が親なんかで娘に申し訳ない。

後悔・自己嫌悪・罪悪感でいっぱいで、ホント辛かったです。

でも「娘にイラっと来るその時」は、なぜか怒りを我慢できないんですよね。

怒っちゃだめって思っているのに、なぜか耐えられない。

だから火山が噴火したかのように怒り、落ち着いてから自己嫌悪におちいる悪循環。

怒った後、毎回のように後悔していました。

自分が考えていた子育てはこんなはずじゃなかったのに…。

理想と現実がかけ離れすぎて、絶望感で心が押しつぶされそうでした。

カエデ

本によると怒りは「二次感情」で、その前に「一次感情」があります。

一次感情は「悲しい、寂しい、怖い」などです。

その一次感情を我慢して、貯め込み続けていると爆発して怒りになります。

つまり色々貯め込みすぎて、爆発した状態が「怒り」なんですね。

子供に怒ると大好きという…なんで?

ある日娘に怒った後、なぜか「お母さん大好きだよ」って返ってきました。

それも1回ではなく、怒った後に高確率で言ってくるんです。

なぜ怒った人間に対して、大好きなんて言えるの?

ますます罪悪感で胸が締め付けられました。

今だからこそ思う事ですが、多分娘は

「お母さんが怒ったのは自分のせい。嫌われたくない見放されたくない。

だからお母さんに大好きといえば、好きになってくれるかもしれない」

という心理が働いたんじゃないかって思います。

要するに「嫌われたのかもしれないと不安に感じた」から、大好きと言って振り向いてもらおうとしているんです。

子どもの頃の私も、常に不機嫌な母に優しくして、こっちを向いてほしいと思っていました。

そういう気持ちだなって気付いてしまったんです。

このままじゃいけない。娘は私の顔色をうかがいながら育ってしまう。

そうなると私のように「他人の顔色をうかがいながら生きる子」になってしまう。

それじゃダメだと思って、心理学の本や育児書を読み漁りました。

「子供に怒る原因は過去の自分にある」と気づかせてくれた本

私は図書館で、次の本に出会いました。

created by Rinker
¥1,320 (2022/08/07 16:20:59時点 Amazon調べ-詳細)

悩んでいる自分の気持ちがそのまま書いてあって、私のための本かと思いました。

「この本はいつも手元に置いておきたい」と結局、本を買いました。

この本の執筆者は、元精神科・小児科看護師で、現在は心理カウンセラーの福田さん。

娘さんを子育て中に「こんなママでゴメンね」と悩み、心理学を勉強し始めたそうです。

本の中身は実際に読んでもらいたいので、簡単にお話ししますが…。

子育ての悩みの原因は、自分が子どものころから持っている「自分責め」「自己否定」「心の癖」、つまり心の古傷にあるそうです。

自分が許せないから、自分の子供も許せないんです。

この言葉を聞いて、私もハッとさせられました。

私は厳しい父・うつ持ちで父の機嫌を損なわないよう生きる母の元に育ちました。

父は「子どもは親の言うことに絶対服従」っていう人でした。

褒めることはほとんどなく、けなしたり・大声で怒鳴ることが多かったです。

そして母は父におびえながら、父の顔色を常に見ながら生活していました。

母がいつも不機嫌なのは私の頑張りが足りないから、と勝手に思ってました。

だから私はこんな大人に育ちました。

  • 誰かに認められるまで、頑張り続けないといけない
  • 親に逆らってはいけない、言う通りにしないといけない
  • 失敗したらすべて私の責任

なので言う通りにしない娘は許せない。私は昔許されなかったから。

トイトレを頑張ろうとしない娘が許せない。頑張りが足りないからだ。

もしトイトレが幼稚園入園までに終わらなかったら私のせいだ。

誰かに責められるのが怖い。私ばっかり何もかも背負い込んで辛い。

娘に対してこんなに尽くしているのに、娘は応えてくれない。寂しい。

そんな色んな感情がぐちゃぐちゃになって、あふれ出したのが「怒り」だったんです。

つまり私がイライラする原因は、娘ではなく過去の私にありました。

少し前に話したように「自分責め」「自己否定」「心の癖」が原因だったんです。

だからまずは自分の考えを変えるのが先だなって思いました。

自分を許す・認める・愛することを気付かせてくれた本

私自身を許せないから、子供の事も許せない。

だから、娘の行動にイライラするんだなって気付きました。

なのでまずは自分のありのままを許して愛してあげよう。

つまり、自分のどん底になっている自己肯定感を上げるように努めました。

自己肯定感を回復させるために、この本を読みました。

心理カウンセラーきいさんが描いた本で、イラストがたくさんあって読みやすい本です。

この本から、次の内容を学びました。

  • 今の自分は十分がんばっている
  • しんどいと思ったら無理しない。しんどい時は手を抜く
  • 人間良いところも悪いところもあって当然、全て自分だと受け止める
  • 自分は自分・他人は他人と考える。他人と比較するのをやめる
  • 自分のダメなところを見つけるのではなく、良いところを見つける

一言でいうと「ありのままの自分を許し、自分を愛するための本」です。

本から「私にも良いところがある、悪いところもあるけどそれが私」、

そして娘にも得意不得意があって当たり前。娘と私は別の人間って思うようになりました。

読んだ後はふっと心が軽くなり、心に余裕が生まれた感覚がありました。

今まで抱えていた「くさりでがんじがらめになっている生きづらさ」もなくなったんです。

さらにビックリしたのが、娘に対してイライラすることがかなり減ったこと。

トイトレや、もし何かできないことがあっても、

「娘はこれは苦手だけど、あれは得意だよね。別にいいじゃん」と思うようになりました。

夫にも「最近顔つきが和らいで、穏やかになったよね」って言われました。

まとめると、子どもの頃の自分が抱えた心の古傷を見つけて、それを許す。

そしてどん底になっている自分の自己肯定感をあげる。

そうすれば心の余裕が生まれて、ささいな事で怒らなくなるんだって気付きました。

この2冊の本は、ホント読んでよかったなって思います。

created by Rinker
¥1,320 (2022/08/07 16:20:59時点 Amazon調べ-詳細)
カエデ

シャンパンタワーの法則といって

お母さんの心が満たされてあふれれば、子供の心も満たされていくんだそうです。

なのでまずはお母さんの心を満たすことを優先してみてください。

まとめ

子供に怒ると後悔・自己嫌悪・罪悪感で辛い。

私も胸が締め付けられるように辛かったです。

でもその怒りの原因、たぶんあなたの中にあるんだと思いますよ。

なのでまずは自分の心の古傷を見つけて、自分を癒すことに努めてみてください。

私はこの2冊でずいぶん心がすくわれました。読むことをおすすめします。

created by Rinker
¥1,320 (2022/08/07 16:20:59時点 Amazon調べ-詳細)
カエデ

どちらもkindleUnlimitedで読めます。

30日間無料で本が読み放題になりますよ。

▼育児で趣味ができない…と悩んでいる方はコチラ

育児中は趣味ができない…辞めるべき?→なんとか両立させよう 閲覧ありがとうございます。 幼稚園児の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 育児中って、趣味の時間持てませんよね…。...

▼不機嫌になる自分をどうにかしたい!という方はコチラ

【妻側】不機嫌になるのを直したいけど直せない、コントロールできない 閲覧ありがとうございます。 普段は温厚だけど、PMS時だとついイライラしちゃう主婦、はつがカエデです。 「不機嫌に...

▼子供にYouTubeを見せるのはちょっと…と抵抗を覚えたらコチラ

【体験談】Youtubeは子供に見せたくない! 変な動画を見て悪影響が気になる 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘をほぼワンオペで育てる主婦、はつがカエデです。 YouTubeは無料で見られる...

▼子育て中でもちょっと稼ぎたいな…と思ったらコチラ

【体験談】ワンオペ育児専業主婦でも少しくらいお小遣い稼ぎがしたい 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘をワンオペで育てている主婦、はつがカエデです。 『育児中の専業主婦はお金を稼ぎ...

▼毎日ヒマで何かやることないかな…と思ったらコチラ

専業主婦で暇すぎる・やることない…お金をかけない楽しみを見つけたい 閲覧ありがとうございます。 4才の娘がいる専業主婦、はつがカエデです。 専業主婦って、ヒマな時はヒマですよね…。 ...

▼子供に「言ってはいけない言葉」言ってませんか?

【体験談】子供に「言ってはいけない言葉」を、つい言ってませんか? 閲覧ありがとうございます。 4歳の子供を育てながら色々悩んでしまう主婦、はつがカエデです。 子供に「言ってはいけな...

▼子育て専業主婦の悩みはコチラ

子育て専業主婦は劣等感で辛い…それはSNSやメディアの影響かも? 「働きたいと思っているのに働けない」という人向けではありません。 「働きたいとは思ってないけど、働くべき?」と思っている人向け...
【体験談】専業主婦の子育てはしんどい・イライラする!でもそれって甘え? 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘を育てる専業主婦のはつがカエデです。 専業主婦で子育てしてると、つらい・イライ...

RELATED POST