育児グッズ

【体験談】子供用ハーネスのメリット3つ! ブログにまとめてみた

3歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。

娘は1歳半ほど子供用ハーネスを付けていました。

あなたは子育てしていて、こんな体験ありませんか?

  • 「イヤイヤ期」でいう事を聞いてくれない
  • 手をつながない、ベビーカー・カート拒否
  • 車道へいきなり飛び出す
  • 後ろから車や自転車が来て、ぶつかりそうになる
  • お店で走り回る、迷子になる

私の娘もこんな体験ばかりでした。

おでかけ中はいつもハラハラ! 私は気が立ってイライラしていました(^_^;)

ですが子供用ハーネスのおかげで「ハラハラ・イライラ」することが大幅に減ったんです!

この記事では「子供用ハーネス」について3つのメリットをお話しします。

  1. 迷子ひもがあれば安心! 迷子にならない
  2. ヒヤッとした思いはしたくない! 道路への飛び出し防止
  3. おでかけのハードルが下がる! 親の気疲れを軽減してくれる

メリットを一言でいうと「子供用ハーネスがあれば、お出かけが本当に楽」になりますよ。

カエデ

私は「買ってよかった!」と本当に思ってます。

迷っているなら一度試してみて!

子供用ハーネスがあれば安心! 迷子にならない

1つ目のメリットは、子どもとひもでつながっているので「迷子にならない」ことです。

子供の中には「親から離れても全然平気」という子もいます。

小さい子どもを探し出すのは本当にひと苦労です…(すでに体験済み)

「手をつないだり、ベビーカーにのせておけばいいじゃん」と思うかもしれません。

ですがイヤイヤ期の子供は「手つなぐのイヤ!ベビーカー乗るのイヤ!」なんですよね…。

「拘束されて、自分の思い通りに動けなくなるのが嫌」みたいです。

無理やり子供の手を引っ張ると「肘内障(ちゅうないしょう)」になり、脱臼してしまう事もあります。

なので子供の手を無理やりひっぱることもできないんですよね…。

そこで活躍するのが子供用ハーネスです。

子供はひもでつながっているものの、ある程度は自由に動けます。

なので子供が「拘束されているように感じにくい」ため、子供用ハーネスを付けても嫌がりません。

カエデ

子供用ハーネスがあれば迷子の心配もグッと減ります。

親も子も安心して外出できるようになりますよ。

ヒヤッとした思いはしたくない! 道路への飛び出し防止

2つ目のメリットは「道路への飛び出し防止」です。

1~2歳くらいの子は「車道に飛び出したらどれだけ危険か?」なんて、まだわかりません。

なので「道路の向こうに興味ひかれる物」があったら、子供はためらいなく道路に飛び出します。

子どもはこういう理由から「道路へ飛び出す危険」がわからないそうです。

  • 子どもは視野が狭いので、横や後ろから来た自転車や車に気づきにくい。
  • 子どもの視野は上下左右ともに、大人の6割程度しか見えていない。
  • 気を取られるものがあると、周りの物に目が入らない

(参考:【第15回】子どもの世界の見え方を知ろう!/大垣市子育て支援サイト

子供が小さいころは、親が「子どもが道路に飛び出さないようしっかりと見ている」必要があります。

といっても子供はとっさに飛び出したりするので、親が反応できないこともあるんですよね…。

そこで活躍するのが子供用ハーネスです。

手を握りながら子供用ハーネスのひもを持っておけば安心。

万が一子供が手を離してしまっても、ひもでつながっているので飛び出し防止になります。

カエデ

ハーネス(安全ベルト)の名の通り「子どもの安全を守る」親の心強い味方になります

おでかけのハードルが下がる! 親の気疲れを軽減してくれる

最後のメリットは「親の気疲れを軽減してくれる」です。

子供と外出するのは「ひとりで外出する時」の何倍以上も疲れます。

なぜかというと…

  • 子供がとっさに動いてもすぐ反応できるように、常に気を張っている
  • 後ろから自転車や車が来ないか、耳を澄ませている
  • 言う事を聞かない子供を相手にしながら、周りの事も気にしている

つまり子供と外出すると「ずっと緊張状態」なので疲れるんですよね。

私も外出があまりにも大変で「もう外いきたくない・外出するのが怖い」と思うこともありました。

ですが娘に子供用ハーネスを付けるようになってから、外出するのが楽しくなりました。

子供用ハーネスのおかげで、常に子供とひもでつながっている安心感があるから、気疲れしないんです。

子供用ハーネスがあるのとないのでは、格段に「疲れ具合」が違います。

カエデ

「子供と外出するのが怖い、もう嫌…」

そう思っている親御さんは、ぜひ子供用ハーネスの購入を考えてみてください。

私は買って本当によかったと思っているので、全力でおすすめしますよ。

子供用ハーネスのデメリット

デメリットは「目立つこと」です。

最近は子供用ハーネスがニュースで取り上げられ、昔ほど珍しい物ではなくなりました。

ただ私たちの親世代(60代より↑)にとって、ハーネスは珍しい物みたいです。

「それなに?」って興味本位で聞いてくる人もいますし

「そんなのいらないじゃない」とおせっかいを焼いてくる人もいます。

ただ、別記事でお話ししましたが「世間のためじゃなく、わが子を守るためにつける物」

目立つことや世間の目を気にせず、私は使ってほしいなと思います。

▼こちらで「反対意見・批判の声」をまとめています

【体験談】子供用ハーネス反対・批判の声は辛い。 私は子供が大切だからつけてます 見ていただいてありがとうございます。 3歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 娘は「ハーネスがなかったら絶対事故にあって...

まとめ

子供用ハーネスのメリット3つ

  • 迷子ひもがあれば安心! 迷子にならない
  • ヒヤッとした思いはしたくない! 道路への飛び出し防止
  • おでかけのハードルが下がる! 親の気疲れを軽減してくれる

デメリットは「ちょっと目立つ」こと

子供用ハーネスにはたくさんのメリットがあります。

とくに私が「子供用ハーネスがあってよかったと思ったこと」を3つご紹介しました。

私は子供用ハーネスを買って本当によかったと思っています。

娘が外出先で事故することなく、ここまで育ってくれたのは「子供用ハーネスのおかげ」です。

「外出すると子供が事故に遭いそうで怖い」とハラハラする方は、子供用ハーネスおすすめしますよ。

▼でも「世間の目」が気になる…という方は、こちらをご覧ください

【体験談】子供用ハーネス反対・批判の声は辛い。 私は子供が大切だからつけてます 見ていただいてありがとうございます。 3歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 娘は「ハーネスがなかったら絶対事故にあって...

▼子供用ハーネスの種類・おすすめ商品についてはこちらで説明しています

子供用ハーネス(リュック・手首型)のおすすめ&メリット・デメリットを説明 見ていただいてありがとうございます。 元気すぎる3歳娘を育ている主婦、はつがカエデです。 迷子ひもは1歳半から1年半使用し...

▼子供用ハーネスの間違った使い方は「事故の元」なので注意です

間違った使い方は事故の元! 子供用ハーネスの危険・正しい使い方 カエデ 見ていただいてありがとうございます。 3歳の娘を育てる主婦のはつがカエデです。 娘は1歳半~3歳まで、子供用ハーネ...

▼「一升餅が入る子供用ハーネス」はダディッコがおすすめ

一升餅のリュックでおすすめはダディッコ! ハーネスとしても使える 閲覧ありがとうございます。 娘に子供用ハーネスを使っていた主婦、はつがカエデです。 一升餅のリュックを探している...
RELATED POST