生活

【体験談】テレビの捨て方とNHKの解約方法についてお話しします

見ていただいてありがとうございます。

2年前にテレビを捨てた主婦、はつがカエデです。

「テレビを処分したい」そう思っても、NHKの契約問題がありますよね。

「NHKの解約方法わかんないし、テレビを処分するのやめようかな…」と思う方もいる方も知れません。

なので私が実際にテレビを捨てた方法と、NHKの解約方法についてお話しします。

カエデ

この記事の通りにすれば、問題なくテレビを捨てることができると思います。

良ければテレビを捨てる際の参考にしてください。

テレビの捨て方(おすすめの方法)

テレビを捨てるといったら「粗大ごみで出す」と思う方もいるかもしれません。

ですがテレビは「家電リサイクル法の対象製品」のため、粗大ごみとして捨てられないんです。

そのためテレビは「家電リサイクル回収協力店」で引き取ってもらう必要があります。

ちなみに回収にはリサイクル料金もかかります。

「お金払ってまでテレビを捨てるなんてイヤ!」

そう思って「無料廃品回収車」やメルカリなどの「フリマ」で処分する方もいます。

ですがそれでは「テレビを手放した証拠」が残りません。

NHK側に「本当にテレビを手放したのか」疑われてしまいます。

一方、家電リサイクル回収に出すと「リサイクル料金の領収書(家電リサイクル券)」がもらえます。

▼ジョーシンにテレビ回収を頼んだら「家電リサイクル券」をもらえました

つまりリサイクル料金の領収書があれば、NHKに「テレビを手放した証拠」を提示できます。

なのでNHKの解約もスムーズに事が運びやすくなるんですよ。

「家電リサイクル回収協力店」は、市役所のHPで調べてみましょう。

もしくは3秒でえらべる家電の捨て方|一般財団法人 家電製品協会がわかりやすいです。

\今なら31日間無料で視聴できます! 好きな時に好きな番組を見ませんか?/

NHKの解約方法と手順について

テレビを「家電リサイクル回収協力店」などで引き取ってもらってからの手順です。

NHKの解約方法は次の通りです。

  1. NHKのお客様番号がのっている書類を用意する
  2. NHKに「放送受信契約解約届を送付してもらうよう」電話する
  3. 解約届を速やかに返送する

(NHKの公式サイトに放送受信契約の解約についてのページがありますが、解約には電話が必要です)

①NHKのお客様番号がのっている書類を用意する

NHKからとどいた郵便物や、NHKと契約するときに書いた契約書類などを探します。

探しても無い場合は、NHKに電話で聞いてみてください⇒NHK公式サイト

カエデ

お客様番号を聞くときは「受信料に関するお問い合わせ(0570-077-077)にかけるといいと思います。

②NHKに「放送受信契約解約届を送付してもらうよう」電話をする

NHKふれあいセンター「放送受信契約の受付」(0120-151515)に電話します。

受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝日も受付)
     12月30日午後5時~1月3日は受付時間外

電話をすると音声ガイダンスが流れます。

  • 新規契約・住所変更は「1」
  • 支払い方法・氏名の変更は「2」
  • その他のお手続きは「3」

解約手続きについては「3」を押します。

オペレーターに電話がつながったら、以下のようにやり取りします。

オペレーターと電話がつながったら

⇒『テレビを捨てたので、NHKの受信契約を解約したいんです』

オペレーター:テレビを廃棄した証拠はありますか?

⇒『家電リサイクル回収業者に出した際の領収書があります』

オペレーター:テレビの他にNHKを受信できる設備(ワンセグ携帯や録画機などチューナー機能のついた受信機)がありますか?

⇒『ないです』

オペレーター:手続きがありますので、折り返しご連絡させていただきたいのですが…

⇒希望の連絡日時を伝えましょう

私は「テレビを廃棄した証拠」があるためか、引き留められることもなく終わりました。

③解約届が届いたら、速やかに返送する

NHKから後日連絡が来ると、このようなことを伝えられます。

  • 解約届は到着に1週間ほどかかる
  • さらに解約届には提出期限がある
  • 解約届にテレビ撤去の証拠となる書類のコピーを同封するように

なので、放送受信契約解約届が届いたら、速やかに書類を記入しましょう。

下のような紙とともに「解約届」が送られてきます。

解約届は、シンプルな用紙一枚なのですぐ書けます。

  • 「放送受信契約を要しないこととなる受信機の数」は「地上波契約したテレビ1つ」だったので「地上1台、衛星0台」と書きました
  • 「受信機を撤去」にチェックし、撤去方法は「家電リサイクル回収協力店による回収」と書きました
  • さらに念のため、放送受信契約解約届はコピーを取っておきました

テレビ撤去の証拠となる書類のコピー(領収書のコピー)と解約届を返信用封筒に入れて、「書留」で郵便局に依頼します。

書留で送るのは、「NHKに解約届を送り、NHKにとどいた証拠」になるためです。

NHKから「解約終了」の連絡はないので、不安な方は書留で返送しましょう。

カエデ

年間払いなどでNHKに既に支払済みだった受信料があった場合は、払い戻しがあります。

これも解約完了の確認になるとは思います。

でも解約完了の連絡くらいしてほしいですよね(^_^;)

まとめ

テレビを捨てるおすすめの方法…家電リサイクル回収協力店の引き取り

  • テレビ撤去にかかった領収書が「テレビを撤去した証拠」になる
  • 市役場HPで「テレビ回収について」調べてみよう

NHKの解約方法と手順

  1. NHKのお客様番号が記載された書類を用意する
  2. NHKに「放送受信契約解約届を送付してもらうよう」電話をする
  3. NHKからの折り返しの連絡を待ち、届いた解約届を速やかに記入する

家電リサイクル回収協力店によるテレビ回収はお金がかかります。

ですが「テレビを手放した証拠(家電リサイクル券)」が手元に残るので、NHKの解約がしやすくなります。

無料廃品回収やフリマで手放した場合は「テレビを手放した証拠」が残りませんので注意してください。

NHKから解約届が届いたら、速やかに返送するのを忘れないようにしてくださいね。

めんどくさいと思うかもしれませんが、テレビ処分・NHKを解約できれば年間2-3万の節約になります。

頑張る価値はあると思いますよ、ファイトです(^▽^)

\今なら31日間無料で視聴できます! 好きな時に好きな番組を見ませんか?/

▼「テレビは捨てるべきか?」こちらの記事でお話ししています。

【体験談】テレビは捨てるべき? メリット・デメリット をお話します皆さんの家にはテレビありますか? 我が家は1年前にテレビを捨てました。 理由は記事でお話ししていますが、我が家では「必要な道具ではなかった」からです。 それに、テレビを捨てると「たくさんいいこと」もあるんですよ! よかったら見に来てみませんか?...