商品レビュー

【レビュー】ingenuityベビーチェアのメリットデメリット&バンボとの比較

見ていただいてありがとうございます。

娘にingenuityを6ヶ月~3歳まで使っていた主婦、はつがカエデです。

ベビーチェアと言えば、バンボの次にingenuity(インジェニュイティ)も有名ですよね。

どちらを買えばいいのか迷ってしまいます。

そこで娘にingenuityを使っていた私がメリット・デメリットをまとめてみました。

  • 3歳(床置き4歳)まで長く使える
  • テーブルがサッと取り外しできる・水洗いできる
  • バンボより安い
  • クッション裏に汚れがたまりやすい
  • 股のベルトが付けづらい

正直に言うと、バンボより勝る部分も劣る部分もあります。

長く使える、安く買える、テーブルの使いやすさで選ぶなら、ingenuityをおすすめします。

▼バンボとingenuityの違いについて、くわしくは以下の記事をごらんください。

バンボとingenuity(インジェニュイティ)どっちを買うべき? 見ていただいてありがとうございます。 3歳頃までingenuityのベビーチェアを娘に使っていた主婦、はつがカエデです。 ...

ingenuity ベビーベースのメリット

  1. 3歳(床置き4歳)まで長く使える
  2. テーブルがサッと取り外しできる・水洗いできる
  3. バンボより安い

①3歳(床置き4歳)まで長く使える

ingenuityのベビーチェアのメリットは、6ヶ月~3歳まで長く使えることです。

床置き(ローチェア)なら4歳まで使えます。

(耐荷重:椅子置き15kg、床置き22.6kg)

ベビーチェアで有名な「バンボ ベビーソファ」は14ヶ月までしか使えません。

しかも足回りの太い子だと、足を入れる部分がすぐキツくなるそうです。

なのでバンボ ベビーソファは使える期間が短いです。

一方ingenuityのベビーチェアは、足回りにゆとりがあります。

クッションを外せばさらにゆとりが増えます。

少し太めな子でも長い間使うことができますよ。

カエデ

私の娘は6ヶ月頃、ムチムチすぎて健診に引っかかりました。

バンボだったら足回りが入らなかったと思います(^_^;)

②テーブルがサッと取り外しできる・水洗いできる

ingenuityのテーブルは取り外しがとても簡単です。

イス下部に収納されているテーブルを引き出し

左右の差し込み穴に「カチッ」と差し込めば、テーブルの取り付け完了!

外したい時は「左右のボタンを押しながら引く」だけでOKです。

テーブルが汚れたら、食器のように水洗いできます。

バンボには、ingenuityによく似た「マルチシート」も発売されています。

ただバンボのマルチシートのテーブルは取り外しにくく、水洗い不可です。

テーブルをとりつけるときに、太ももをはさんでしまうというレビューもありました。

(バンボ マルチシートのテーブルについては、説明書をご覧ください)

ベビーチェアのテーブルは、離乳食やおもちゃで遊ぶときに大活躍します。

そしてテーブルはよだれ・飲み物・食べ物などで、よくベッタベタに汚れます(笑)

テーブルの使いやすさで決めたいなら、ingenuityをおすすめします。

③バンボより安い

ingenuityがバンボよりいい点は、なにより価格の安さです。

バンボのベビーソファやマルチシートより数千円安いです。

Amazonの価格で比較すると、こんな感じ。

↓バンボの価格

↓ingenuityの価格

バンボ2種類よりも、ingenuityの方が安いことがわかります。

「インジェニュイティ」の名前が覚えにくくて、世間ではバンボの方が有名です。

でもバンボより値段が安いし、デメリットはあるものの満足できる品だなと私は思いました。

バンボにこだわらないのであれば、ingenuityも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ingenuity ベビーベースのデメリット2つ

  1. クッション裏に汚れがたまりやすい
  2. 股のベルトが付けづらい

①クッション裏に汚れがたまりやすい

ingenuityのデメリットひとつめは、クッション裏に汚れがたまりやすいこと。

どういうことか、まずはingenuityの構造からお話しします。

ingenuityはバンボ マルチシートと違い、クッションに股ベルトを通すための穴が開いています。

つまり液体がこぼれると、イスとクッションの間に液体がしみわたります。

食べくずも「ベルト通し穴」に入り込んで汚れがたまります。

そうなるとクッションを取り外す必要があるのですが…。

クッションの穴から股ベルトを抜く手間があって、正直めんどくさいんですよね。

掃除する時は少々手間だなと感じました。

一方バンボ マルチシートは、クッションに「股ベルトを通す穴」は開いていません。

クッションの外側に股ベルトが通っていますよね。

なので食べくずや液体汚れは「バンボ マルチシート」の方が入り込みにくいと思います。

さらにクッションに股ベルト通し用穴がないので、クッションの取り外しが比較的ラク。

なのでバンボ マルチシートの方がお手入れは楽だと思います。

②股のベルトが付けづらい

デメリット2つめは「股のベルトがつけづらいこと」

子供を座らせると、高確率で子供の下に股ベルトが埋もれます。

毎回「子どもの足に埋もれたベルトを探し出す」手間があります。

探し出すのがめんどくさくて、ベルトをつけずに使うこともありました。

先ほどもお話しましたが、股ベルトを通す穴のせいで汚れもたまりやすいです。

なので私は「股部分のベルトはなくても良かったのでは…」と思いました(^_^;)

ingenuity ベビーベース 口コミ

https://twitter.com/espichandayo/status/1489174338330791940?s=20&t=dAQVpEKXpzl5-Pb6nwb5uw

ingenuity ベビーベース 商品スペック

対象年齢6か月~4歳
(椅子置きは3歳まで)
耐荷重15kg
(床置き:22.6kg)
イス重さ‎2.27 kg
サイズ奥行38.5×幅29x高さ40cm
座面クッションあり:11cm
クッションなし:9cm
取り付け可能
大人イスサイズ
幅43×奥行39以上
背もたれ高さ25cm以上
素材クッション材:EVA
いすの構造部材:PP、POM、ABS、TPE、鋼
甲板の表面材:PP、POM
ストラップ(固定ベルト):POM、PP
その他:ポリエステル、紙

まとめ

ingenuity ベビーチェアのメリットはこうでした。

  • 3歳(床置き4歳)まで長く使える
  • テーブルがサッと取り外しできる・水洗いできる
  • バンボより安い

一方、ingenuity ベビーチェアのデメリットはこんな感じです。

  • クッション裏に汚れがたまりやすい
  • 股のベルトが付けづらい

「長く使える、安く買える、テーブルが使いやすい」のがingenuityのいいところです。

一方お手入れのしやすさはバンボ マルチシートの方が勝ってます。

なので私は「絶対にingenuityをおすすめします」とは言いません。

それぞれのイスの特徴を見て、あなた好みのベビーチェアを選ぶのがいいと思いますよ。

▼ingenuityの特徴:テーブルが取り外ししやすく水洗いできる・安く買える

▼バンボ マルチシートの特徴:お手入れしやすい

▼バンボとingenuityの違いについては、以下の記事をごらんください。

バンボとingenuity(インジェニュイティ)どっちを買うべき? 見ていただいてありがとうございます。 3歳頃までingenuityのベビーチェアを娘に使っていた主婦、はつがカエデです。 ...

▼ingenuityベビーチェアの対象年齢・使い方・椅子の上の取り付け方はこちら

ingenuityベビーチェアはいつから?使い方・椅子の上の取り付け方も説明 見ていただいてありがとうございます。 ingenuityのベビーチェアを2年半娘に使っていた主婦、はつがカエデです。 ...

▼ingenuityのベルトの外し方はこちらで説明しています。

ingenuityベビーチェアのベルトの外し方を写真つきで説明 見ていただいてありがとうございます。 ingenuityのベビーチェアを娘に2年半使っていた主婦、はつがカエデです。 ...
RELATED POST