子育て

バンボとingenuity(インジェニュイティ)どっちを買うべき?

見ていただいてありがとうございます。

3歳頃までingenuityのベビーチェアを娘に使っていた主婦、はつがカエデです。

バンボとingenuityのどちらを買おうか迷ってしまいますよね。

しかもバンボには「ベビーソファ」と「マルチシート」の2種類があります。

ますますどれを選べばいいのか迷ってしまいます…。

先に結論を言うと…

バンボ ベビーソファ VS ingenuity

  • バンボ ベビーソファ:早い月齢から使いたい・軽くて持ち運びやすい
  • ingenuity:長く使える・大人用イスに取り付けられる

バンボ マルチシート VS ingenuity

  • バンボ マルチシート:高さが3段階調節できる
  • ingenuity:テーブルが洗える

バンボ ベビーソファとingenuityは、かなり特徴が異なります。

記事をよんで双方の違いを確認したうえで、どちらを買うか決めましょう。

一方、バンボ マルチシートとingenuityに大きな違いはありません。

高さ調節したいならバンボ、机を水洗いしたいならingenuityを選ぶのがおすすめです。

カエデ

商品スペック比較・口コミ比較で、どちらを買うべきかまとめてみました。

ingenuityのベビーチェアとバンボのベビーソファ、どっちがいい?

ベビーチェアと言えば、ingenuityのベビーチェアとバンボのベビーソファが有名ですよね。

でもどちらが良いのか迷ってしまいます。

そこで結論から先に、ingenuityとバンボのどちらがいいかまとめてみました。

バンボ ベビーソファがおすすめな人

  • 4か月の早い時期から使いたい
  • 軽くて持ち運びしやすいものがいい
  • サッとお手入れを済ませたい

ingenuityがおすすめな人

  • 3才ころまで長く使いたい
  • テーブル付属のものがいい
  • 大人用イスにも取り付けられるものがいい

カエデ

私の娘の場合、4か月だとベビーチェアの必要性は感じなかったですね。

ベビーチェアを早く使いたいというより、長く使いたかったです。

なので私は「ingenuity(インジェニュイティ)」を選びました。

▼私が書いた「ingenuity レビュー記事」はこちら

【レビュー】ingenuityベビーチェアのメリットデメリット&バンボとの比較 見ていただいてありがとうございます。 娘にingenuityを6ヶ月~3歳まで使っていた主婦、はつがカエデです。 ...

商品スペックで比較

バンボ ベビーソファーとingenuity ベビーベースの比較を表にまとめてみました。

バンボ比較内容ingenuity
‎4~14か月対象年齢6か月~4歳
(椅子置きは3歳まで)
10kg耐荷重15kg
(床置き:22.6kg)
‎1.2 kg商品重さ‎2.27 kg
別売り
バンボ ベビーソファ 専用プレートレイR
テーブル付属
取り付け不可大人用イス取り付け可能
奥行37.5×幅37.5×高さ24
足入れの周囲:28
座面までの高さ:2.5
サイズ(cm)奥行38.5×幅29x高さ40
本体:ポリウレタンフォーム
ベルト(織物部):ポリエステル
ベルト(バックル部):ポリアセタール
素材クッション材:EVA
いすの構造部材:PP、POM、ABS、TPE、鋼
甲板の表面材:PP、POM
ストラップ(固定ベルト):POM、PP
その他:ポリエステル、紙
カエデ

早い月齢から使いたい・軽いのがいい→バンボ

長く使いたい・テーブル付き・大人用イスに取り付けたい→ingenuity

…と言う感じですね。

口コミで比較

バンボ ベビーソファーとingenuity ベビーベースの口コミをまとめてみました。

カエデ

口コミ参考先は「Amazonのレビュー」です。

バンボとingenuityのメリット・デメリットをまとめてみました。

<バンボ ベビーソファー>

腰が据わり始めたら使える
(4か月から使える)

軽いので持ち運びがラク

赤ちゃんにぴったりフィットした構造

食べこぼしがあってもサッとお手入れできる

柔らかい素材なので安全性が高い

太めの子は太ももが入らない

使える期間が短い(1歳半が限度)

子供を椅子から降ろすときにくっついてくる

色が写真とちがう(写真よりも暗くてくすんだ色)

付属の腰ベルト、専用テーブルが使いづらい

<ingenuity ベビーベース>

軽すぎない(後ろに倒れにくい)

テーブルがしまえる

足回りが太い(成長しても使える)

ベルト付きなので抜け出せない

イスにもしっかりと取り付けられる

3歳まで長く使える

6ヶ月からしか使えない

開封時のクッションの臭いが気になる

イスとクッションの間に汚れがたまる

座らせるときに、股のベルトが埋もれてしまう

ベルト部分が硬い

商品スペックや口コミをまとめると、以下のようになります。

早い月齢から使いたい・軽いのがいい・手入れを簡単にすませたい→バンボ

長く使いたい・テーブル付きがいい・大人用イスに固定したい→ingenuity

カエデ

あなたが「ベビーチェアーの機能に求めるもの」で選ぶのがいいと思いますよ。

私は長く使いたい・大人用イスにつけたかったのでingenuityを選びました。

ingenuityのベビーチェアとバンボ マルチシート、どっちがいい?

バンボには6ヶ月~3歳までつかえる「マルチシート」もあります。

マルチシートは大人用イスにも取り付け可能です。

▼バンボ マルチシート

見た感じは「ingenuity ベビーベース」とよく似ていますね。

▼ingenuity ベビーベース

双方大きな違いはありませんが、細かな違いをまとめるとこうなります。

バンボ マルチシートがおすすめな人

  • 軽いほうがいい
  • コンパクトのほうがいい
  • イスの高さを調節したい

ingenuity ベビーベースがおすすめな人

  • 机にカップホルダーがほしい
  • 子供が太め
  • テーブルを水洗いしたい

カエデ

バンボは高さが3段階調節できる、ingenuityはテーブルが洗える。

「どの機能が欲しいか」で決めるのがいいと思います。

私は高さ調節不要でしたので、机が洗えるingenuityを選びました。

▼赤ちゃん本舗の「ingenuityとバンボ マルチシート」の説明動画がわかりやすいです

▼私が書いた「ingenuity レビュー記事」はこちら

【レビュー】ingenuityベビーチェアのメリットデメリット&バンボとの比較 見ていただいてありがとうございます。 娘にingenuityを6ヶ月~3歳まで使っていた主婦、はつがカエデです。 ...

商品スペックで比較

バンボ マルチシートとingenuity ベビーベースの違いを表にまとめてみました。

バンボ マルチシート比較内容ingenuity
6ヶ月~3歳対象年齢6か月~4歳
(椅子置きは3歳まで)
15kg耐荷重15kg
(床置き:22.6kg)
1.88kg商品重さ‎2.27 kg
丸い形
背面収納
水洗い不可
テーブル長方形
カップホルダー付き
足元収納
水洗い可能
取り外せる
(1枚構造)
内イス
(クッション)
取り外せる
(背中とおしり部分に分かれる)
奥行34×幅36底サイズ(cm)奥行38.5×幅29
ローシート:26
ハイシート:30
クッション収納時:22
高さ(cm)40
ローシート:7
ハイシート:11
クッション収納時:6
座面クッションあり:11
クッションなし:9
幅38 x 奥行35 x 背もたれ高さ30cm、背もたれ幅36cm取り付け可能
イスサイズ
幅43×奥行39以上
背もたれ高さ25cm以上
本体・台座・バックル:ポリプロピレン
クッションシート:ポリウレタンフォーム
本体裏滑り止め:熱可塑性エラストマー
トレイ:ABS樹脂
ベルト:ポリエステル
ベルト(バックル部):ポリアセタール
素材クッション材:EVA
いすの構造部材:PP、POM、ABS、TPE、鋼
甲板の表面材:PP、POM
ストラップ(固定ベルト):POM、PP
その他:ポリエステル、紙
カエデ

高さを3段階調節したい・軽いほうがいい→バンボ

机にカップホルダーほしい・テーブルは洗いたい→ingenuity

…と言う感じですね。

口コミで比較

バンボ マルチシートとingenuity ベビーベースの口コミをまとめてみました。

カエデ

口コミ参考先は「Amazonのレビュー」です。

双方のメリット・デメリットをまとめてみました。

<バンボ マルチシート>

テーブルがサッと付けられる

テーブルが背面に収まるのがいい

コンパクトに収納できるのがいい

赤ちゃんの太ももが太いと、テーブルを付けるときに挟んでしまう

テーブルが取りづらい

太っているとベルトが付けにくい

ベルトは緩むことが多い

開封時の臭いが気になる

専用トレイは水洗い不可

<ingenuity ベビーベース>

ベルトをしまうポケットがある(底面)

太めな子でもOK

重量があるので安定している

机が食器のように洗える

机の付け外しが簡単

ベルトが締めにくい、外すのに力がいる

股のベルトをとめるところが固い、付けづらい

イスとクッションの間に食べこぼしが入り込む
(股の部分にベルト通し用の穴があるため)

商品スペックや口コミをまとめると、以下のようになります。

高さが3段階調節できる・軽い→バンボ

テーブルを洗いたい・子供が太め→ingenuity

カエデ

わが家は「高さ調節の必要はなかった」ので、ingenuityにしました。

まとめ

ingenuityのベビーベースとバンボのベビーソファ、どっちがいい?

♦バンボのベビーソファがおすすめな人

  • 4か月の早い時期から使いたい
  • 軽くて持ち運びしやすいものがいい
  • サッとお手入れを済ませたい

♦ingenuityのベビーベースがおすすめな人

  • 3才ころまで長く使いたい
  • テーブル付属のものがいい
  • 大人用イスにも取り付けられるものがいい

ingenuityのベビーベースとバンボ マルチシート、どっちがいい?

♦バンボ マルチシートがおすすめな人

  • 軽いほうがいい
  • コンパクトのほうがいい
  • イスの高さを調節したい

♦ingenuity ベビーベースがおすすめな人

  • 机にカップホルダーがほしい
  • 子供が太め
  • テーブルを水洗いしたい

ingenuityのベビーチェアとバンボのベビーソファは大きな違いがありました。

長く使いたいなら「ingenuityのベビーチェア」がおすすめです。

一方、ingenuityのベビーチェアとバンボ マルチシートに大きな違いは見られません。

高さ調節したいならバンボ、机を水洗いしたいならingenuityを選ぶのがおすすめです。

▼私が書いた「ingenuity レビュー記事」はこちら

【レビュー】ingenuityベビーチェアのメリットデメリット&バンボとの比較 見ていただいてありがとうございます。 娘にingenuityを6ヶ月~3歳まで使っていた主婦、はつがカエデです。 ...

▼ingenuityベビーチェアの対象年齢・使い方・椅子の上の取り付け方はこちら

ingenuityベビーチェアはいつから?使い方・椅子の上の取り付け方も説明 見ていただいてありがとうございます。 ingenuityのベビーチェアを2年半娘に使っていた主婦、はつがカエデです。 ...
RELATED POST