食レポ(レビュー)

【レビュー】成城石井人気No1「パン職人のこだわり湯種食パン」を食べた正直な感想

見ていただいてありがとうございます。

パン大好き主婦、はつがカエデです。

成城石井で人気No.1の食パン「パン職人のこだわり湯種食パン」食べたことありますか?

私も「湯種食パンってどんな味がするんだろう」と思い、買って食べてみました。

ふわふわ・もちもち生地のパンでおいしかったです。口溶けの良さも魅力的です。

ただ、ちょっと値段を考えると「もう一度、買うまででもないかな…」が正直な感想でした(^_^;)

カエデ

この記事で「パン職人のこだわり湯種食パン」の、次の内容をお話しします。

  • 私の食べた感想
  • 湯種(湯種製法)とは?簡単にまとめてみた
  • 買う価値はあるか?
  • みんなの口コミ
  • 商品情報(原材料・カロリーなど)

成城石井「パン職人のこだわり湯種食パン」を食べた感想

見た目は「普通の食パン」です。

トーストして食べてみました。

パン生地はふわふわ・もちもちとしています。

水気のないパサパサ感は全くありません。優しい口当たりの食パンです。

小麦本来のうまみや甘みも感じられておいしいです。

そして一番印象的だったのが「口どけの良さ」です。

ふつう食パンを噛んでいると、最終的には「パンのかたまり」として口に残りますよね。

それがこの「パン職人のこだわり湯種食パン」だと、パンがスーッと口の中で溶けていくんです。

「普通の食パン」にはない食感に、食べていてびっくりしました。

カエデ

「ふわふわ・もちもちとしたパンが食べたい」

「パサパサしてない、口当たりの優しい食パンが食べたい」

そんな方におすすめの食パンです。

湯種(湯種製法)とは? 簡単にまとめてみた

「湯種パンって聞いたことはあるけど…普通のパンと何が違うの?」

私もそう思っていました。

なので「湯種食パン」について、簡単にまとめてみました。

「湯種食パン」って何?

湯種とは「パン生地に使用する小麦粉の一部に熱湯をくわえてこね、一晩寝かせておもちのようにした生地」のことです。

熱湯をくわえることで小麦粉中のでんぷんが「のり状」になります。(糊化:こか)

(補足:フエキのりのようなでんぷんのりは、でんぷんに「水と熱」を加えて作られます。湯種と作り方は同じですね)

糊化した生地=湯種をパン生地に加えることで、モチモチとした食感のパンになります。

カエデ

「湯種食パン」はこんなところが魅力です。

  • 水分をたくさん含んでいる
  • 甘みやうまみが増す
  • 時間が経ってもパサつきにくい

モチモチ食感が好きな、日本人向きの食パンです。

「湯種食パン」は手間がかかる

実は「湯種食パン」、作るためには時間も手間もかかります。

ざっくり製造工程を説明すると、こんな感じです。

  1. 小麦粉と「ボコボコと沸騰した熱湯」をよく混ぜる
    (普通の食パン作りには、お湯は使いません)
  2. しっかり混ざったら一晩(12時間ほど)冷蔵庫で寝かせる
  3. 通常のパン生地を作り、湯種と混ぜ合わせる

つまり「通常のパン生地作り」の前に「湯種作り」の工程が入ります。

しかも湯種は作った後、一晩寝かせる必要があるため、前日からの作業が必要になります。

このように、湯種食パンは「時間も手間もかかった」食パンなんです。

カエデ

「湯種食パン」を家で作るのは、ちょっと大変かもしれませんね(^_^;)

成城石井「パン職人のこだわり湯種食パン」買う価値はあるか?

「パン職人のこだわり湯種食パン」は、5枚入り(1.1斤)で税込400円。

「毎朝食べる食パン」として買うには、ちょっとお高いですね(^_^;)

ですが「湯種食パン」自体が、とっても珍しいパンなんです。

スーパーで「湯種食パン」を探しても、なかなか見つけられません。

唯一調べてみてヒットしたのが神戸屋の「匠水(たくみ)」

神戸屋の「匠水(たくみ)」は4~5枚切りで188円で入手できるみたいです。

(私がスーパーに行ったとき、神戸屋の「匠水」は見当たりませんでした)

そして「湯種食パン」で有名なのが、食パン専門店 高匠(たかしょう)です。

高匠の湯種食パンは、楽天市場で2斤で800円(税込)です。1斤400円くらいですね。

つまり、「湯種食パン」の他メーカーと比較するとこんな感じです。

  • 成城石井の湯種食パン…1.1斤で400円
  • 神戸屋の匠水…1斤で188円くらい
  • 食パン専門店「高匠」の湯種食パン…1斤で400円くらい

「湯種食パンを手軽に食べたい」なら神戸屋でいい。

「高級な湯種食パンを食べたい」なら高匠でいい気がする…。

そう考えると「成城石井じゃないと買えない」とか「お得さ」はあまり感じられません。

ですが湯種食パンは「手間も時間もかかる」ので、値段が高くなってしまう理由もわかります。

それに成城石井の「パン職人のこだわり湯種食パン」は、とてもおいしかったですよ。

普段食べる食パンとは違った味や食感、くちどけが楽しめました。

なので「湯種食パンってどんなものかな」と気になった方は、食べてみていいかもしれません。

カエデ

個人的には「国産小麦の全粒粉入り食パン」の方が好みです。

お得感もおいしさも、こちらの方が上に感じました。

▼成城石井「国産小麦の全粒粉入り食パン」レビュー記事はこちら

成城石井「国産小麦の全粒粉入り食パン」は小麦の香りが強めでおいしい【レビュー】 見ていただいてありがとうございます。 結婚前は食品検査員・今は「パン大好き」主婦、はつがカエデです。 成城石井の「...

成城石井「パン職人のこだわり湯種食パン」口コミ

「パン職人のこだわり湯種食パン」商品情報(原材料・カロリーなど)

商品名パン職人のこだわり湯種食パン
価格400円(税込)
内容量5枚(1.1斤)
原材料小麦粉、湯種(小麦粉、砂糖、食塩、脱脂粉乳)、加糖練乳、バター、砂糖、イースト、脱脂粉乳、調味酢、食塩、(一部に小麦・乳成分を含む)
カロリー1枚当たり217kcal
製造所成城石井セントラルキッチン

まとめ

♦成城石井「パン職人のこだわり湯種食パン」を食べた感想

  • パン生地はふわふわ・もちもちしている
  • パサパサ感は全くなく、優しい口当たりの食パン
  • 一番印象的だったのは「口どけの良さ」

♦湯種(湯種製法)とは? 簡単にまとめてみた

  • 湯種…小麦粉の一部に熱湯をくわえてこね、一晩寝かせておもちのようにした生地
  • 湯種をパン生地に加えることで、モチモチとした食感のパンになる
  • 「湯種食パン」を作るためには時間も手間もかかる
  • 熱湯をくわえたり、前日からの作業が必要

♦成城石井「パン職人のこだわり湯種食パン」買う価値はあるか?

  • 「成城石井じゃないと買えない」とか「お得さ」はあまり感じられない
  • 「湯種食パンってどんなものかな」と気になった方は、食べてみていいかも

成城石井「パン職人のこだわり湯種食パン」 は、ふわふわ・もちもちが魅力な食パンです。

手間も時間もかかった食パンだけあって、いつもの食パンには感じられない「口どけ感」も味わえます。

確かに味はおいしかったんですが…。

「また400円をだしても食べたいか」と言われれば、ちょっと考えちゃいますね(^_^;)

「湯種食パンを食べたことない方」は、一度食べてみてもいいかもしれません。

▼個人的には「国産小麦の全粒粉入り食パン」がおすすめです

成城石井「国産小麦の全粒粉入り食パン」は小麦の香りが強めでおいしい【レビュー】 見ていただいてありがとうございます。 結婚前は食品検査員・今は「パン大好き」主婦、はつがカエデです。 成城石井の「...

▼成城石井の「果実60%ジャム」、食パンにとってもあいますよ!

【レビュー】成城石井の果実60%のストロベリージャムはイチゴ本来の味が楽しめる 見ていただいてありがとうございます。 4歳娘がいちご大好き! 主婦のはつがカエデです。 成城石井の果実60%のスト...
【レビュー】成城石井果実60%のりんごジャムはシャキシャキりんごがゴロゴロ! 見ていただいてありがとうございます。 私も娘もりんご大好き!主婦のはつがカエデです。 「果実60%のりんごジャム」...
【レビュー】成城石井果実60%のブルーベリージャムは2種のベリーがゴロゴロ! 見ていただいてありがとうございます。 ベリー系大好き主婦、はつがカエデです。 成城石井「果実60%のブルーベリージ...
RELATED POST