夫のうつ

【体験談】夫がうつで半年間休職に…妻が発症~復職までをブログにまとめてみた

見ていただいてありがとうございます。

会社員の夫、3歳の娘と暮らす主婦、はつがカエデです。

ブログのタイトル通り、私の夫は「中程度のうつ」と診断され、半年間休職することになりました。

2021年8月に発症、5か月間の自宅療養の末、2022年1月に復職のめどが立ちました。

  • 夫の「うつ発症当時」の様子
  • 夫が復職に至るまでの様子
  • 妻としてどう思ったか
  • 夫へどんなサポートを心がけたか

そんな体験談をまとめてみました。

カエデ
  • 「家族がうつで苦しんでいる」
  • 「家族がうつかもしれない」
  • 「パートナーにどう接したらいいかわからない」

そんな方々の参考になれば幸いです。

(ちなみにこの記事は「夫本人に監修」してもらっています)

夫がうつだと診断された日(2021年8月中旬)

2021年の8月ごろ、夫からこのように相談を受けました。

「会社の人から『心療内科にかかったほうがいい』と言われているんだけど、どう思う?」

私は何の迷いもなく「病院に行った方がいい」

そう言ったのを覚えています。

というのも私の夫、8月あたりから様子がおかしかったのです。

  • ご飯を残すようになった(食欲がわかない)
  • 水をガブガブと飲むようになった
  • お酒やエナジードリンクを飲むようになった
  • 何も趣味に手がつかなくなった
  • 会社の愚痴を漏らすようになった(普段言わない)
  • 娘への叱り方がキツイ
  • 1ヵ月以上外に出ない・外出を嫌がる
  • 自分の部屋にこもりっきり
  • 何度も夜中に目が覚める
  • 1日に10回以上トイレに行く
  • 毎回水のような下痢(らしい)
  • 頭痛・耳鳴りがする
  • 体重は短期間で13kgも減ってしまった

誰がどう見ても異常です。

でも夫は「自分はうつではないと思うんだけど…」と言っていました。

私も医者じゃないので「夫がうつかどうか」なんて判断できませんでした。

でも夫が普通じゃないのは、誰が見てもわかります。

なので私は「不調の原因は医者しかわからないよ。早いこと病院に行ったほうがいい」と伝えました。

夫は「職場の仲間からも妻からも」後押しされて、心療内科へ受診することを決めました。

心療内科の診断は「中程度のうつ」。医者からは休職をすすめられたそうです。

もうちょっと受診が遅かったら「入院するレベル」だった、との事。

「絶対にうつは治るから。死なないでください」

医者からそう言われて、夫は泣いたと言っていました。

(夫が泣く所なんてみたことないので、どう考えても普通じゃないです)

休職をすすめられたとき、夫は決断できずに自宅に戻ってきました。

しかも病院に行くのに「携帯も健康保険証も」忘れていたようです。

(決断力がなくなる・忘れ物が多くなるというのも、うつの兆候らしいです)

一旦戻ってきた夫に「休職したほうがいいと言われたんだけど…」と相談されました。

私は迷いなく「先生がそう言うなら休んだほうがいい」と言いました。

今のまま仕事をしても、良くなるどころか悪化する一方だと思ったからです。

こうして夫は休職することを決めました。

もう一度病院へ戻る夫の背中は「外を出たらそのまま帰ってこなさそう」な感じでした。

「絶対に戻ってきて!」と思わず声をかけたほどです。

そのくらい「うつ発症当時の夫」は危なかったです。

カエデ

私たち夫婦には3歳の娘がいます。

「お父さんがいつもと違う」

それだけで動揺させたりストレスに感じるかもしれない…。

なので「お父さんはちょっと病気みたい。しばらく仕事をお休みすることになったよ」と伝えました。

娘も「うんわかった」と、その時言ってくれました。

「ずっとお休みのお父さん」に、娘はとても嬉しそうでした(笑)

娘の存在が私たち夫婦の心の支えになってくれている、と今でも思っています。

夫のうつの原因:在宅勤務と仕事内容の変化

夫のうつの原因は「在宅勤務と仕事内容の変化」のようです。

(夫は「家ではストレスなんて全くない」と言ってましたが、真意はわかりません)

新しい生活様式で、夫は2年前から在宅勤務になりました。

在宅勤務は次の点が「かなりストレス」だったようです。

  1. 何か話したいことがあっても、すぐ相談できない
  2. 相手がどう思っているのか、テレビ会議ではわかりにくい
  3. 文面だけだとコミュニケーションが取りづらい
  4. 外に出る・運動する機会がなくなった
  5. プライベートと仕事の境目がなくなった

特に⑤「プライベートと仕事の境目がなくなった」が一番キツかった、とのこと。

また夫は半年前から中間管理職になりました。

ですが「自分からではなく、会社からすすめられた役職」。

夫は「自分は部下をまとめるようなタイプじゃない」と言ってました。

とはいっても、夫は真面目で責任感が強く、問題があると自分を責めるタイプ。

自分に与えられた職務を果たそうと、頑張っていたみたいです。

中間管理職になってからは、在宅勤務なのに仕事が終わるのは22時近く。

「仕事が終わっていないから」と休日勤務をすることもありました。

残業のし過ぎで、会社から注意されるほどだったようです。

こんな感じで在宅勤務のストレスと、仕事を頑張りすぎた結果、うつになったようでした。

うつ夫への接し方にとまどう日々

実は私、独身時代の仕事で「自身もうつになりかけて辞めた」過去があります。

また私の母と兄弟が「うつ持ち」です。

なので夫がうつになっても、そんなに動揺しませんでした。

とはいうものの、母・兄弟がうつになった場合とは違います。

「夫へどう接してあげるのが正解なのか」私には分かりませんでした。

なのでまずは「家族がうつになった時のサポートのしかた」をネット検索しました。

その時に出てきたのが持田製薬の「サポートガイド」です。

うつの人への接し方は、このようにしたらいいのだと学びました。

  • 決断をせまらない
    (親に連絡したほうが良いか?など)
  • うつになった原因を探らない
    (本人が一番理解できていないので混乱する)
  • どうやったら楽か?どうしたらマシなのか?などは聞かない
    (「早く治さないと」と焦ったり、うつになった自分を責めるため)
  • 本人の言っていることを否定しない、ただ受け入れる
  • 「頑張って」は言わない
    (本人は頑張りすぎてうつになっている、追い込むだけ)
  • 何よりも休養が最優先、しっかりと休ませる
    (休みの間に仕事しなきゃ・資格とらなきゃ、と思う人がいる)
  • 「薬の飲み忘れ」に気を付ける
    (うつの薬は飲み続けることで良くなるため)

そしてAmazonの「心理学の本」「うつの本」などを読みまくりました。

私が読んだ本は↓こちらで紹介しています。

夫がうつに! 接し方がわからない時に私が読んだ本をまとめてみた 見ていただいてありがとうございます。 半年前に夫が中程度のうつになり、現在は復職が決まって準備中。 そんな夫を陰ながら支え...

色んな本を読んで、妻としてできることは「次の4点」だなと思いました。

  1. ああだこうだ口を出さず、温かく見守る
  2. 規則正しい生活を送れるようサポートする
  3. 「自分が本当にやりたいこと」をしてもらう
  4. 薬の飲み忘れだけ注意しておく

つまり夫に「普段の休日の生活を送らせてあげることが一番いい」のだと思いました。

とはいうものの、9-11月の夫は「日中はほぼ寝てるだけ」の毎日…。

(逆に夜中は睡眠薬を飲んでも、数回目が覚めてしまうらしいです)

正直「これでいいのだろうか」と思うこともありました。

本当にただ「見守るだけの3ヶ月間」でした。

カエデ

気を付けないといけないのは「私自身がうつにならないこと」

夫婦は鏡のようなもので、片方の気持ちが落ち込めば、片方も引きずられるらしいです。

私もうつになったら、娘の世話をする人がいなくなる…。

なので「うつになった夫のために、私がどうにかしなくちゃ」とは思わない。

「夫は夫、私は私と割り切る」ようにしました。

▼夫がうつになってから、私も「しんどい」と感じる時期もありました。

その気持ちはこちらの記事で読めます。

【体験談】夫がうつに! 私も「疲れた・辛い・イライラする」時期がありました 見ていただいてありがとうございます。 半年前に夫が中程度のうつになり、現在は復職が決まって準備中。 そんな夫&未就園児の娘...

うつ夫が回復してきた!

4か月目の12月頃には、夫はずいぶんと回復してきたようでした。

(心療内科の医師にも「少なくとも4か月くらいかかる」と言われていたみたいです)

睡眠薬の効果が薄かったため、薬を変えてもらったのも良かったみたいです。

夜目が覚めることなく寝られるようになってから、ずいぶんと良くなりました。

毎日朝6時には目が覚め、8時には朝食をとり、散歩ついでに買い物に行く

午後は好きな事をして、18時に夕ご飯、22時には就寝。

毎日規則正しい生活を送れるようになりました。

そのおかげか食欲も戻ってきたみたいです。

「今ならご飯がおいしいと思える。うつ当時はただ口に流し込んでいただけだった」

と、夫は言っていました。

また夫は元々「音楽づくり・ゲーム・漫画」など、趣味をたくさん持っています。

特にテレビゲームは昔から好きみたいです。

休職中は「子どもの頃に流行っていたレトロゲーム」を集めるようになりました。

「ゲームが長い時間できて、楽しいと思える」そんな事にも感動していたようでした。

本当に一日中、夢中になってゲームで遊んでいました。

あと良かった点は「毎日早起きして、日光を浴びながら運動を心がけたこと」。

うつになる前は「外出しない・夜更かしする」という、不規則な生活を送っていました。

なので体内時計が狂って、夜寝れない・夜中に何度も目が覚める…。

そして自律神経もおかしくなってお腹を下していたようです。

さらに「腹痛で目が覚めて寝れない」という負のループに陥っていたみたいです。

本によると「朝早起きして太陽の光を浴びることが、体内時計をもどすコツ」らしいです。

なので毎日買い物に付き添ってもらい、出かける目的を作ることにしました。

最近は自ら「今日は○○へ行こう」と言うくらい、積極的に外出するようになっています。

カエデ

スマホアプリ「ピクミンブルーム」も夫には合っていたようです。

「ピクミンを増やすために歩く」

というのが「外に出るいい目的」になりました。

うつ夫が復職へ(2022年1月中旬)

「規則正しく、自分らしい生活」を毎日おくり、年を越して1月になりました。

1月中頃には「うつになる前よりも体調がいい」くらいまで改善。

最近は「こんなにお腹の調子がいい日なんて、何年ぶりかな」と言うくらい快調のようです。

そして夫が「もう大丈夫、仕事できそう」と言い出しました。

心療内科に相談して「復職の許可」がおり、無事職場への復帰も決まりました。

ただうつになるまで就いていた「中間管理職の仕事」は、夫いわく「自分には合っていない」。

なので「他の仕事がしたい」と会社に伝え、その希望も通りました。

こうして中間管理職を降り、別の仕事の一般職へ就くことになりました。

給料が下がる、キャリアの道から外れる…。

「役職の降格」と聞くと、そう不安を感じる方もいるかも知れません。

でも私は「本人が働けるところで働くのが一番いい」と思っています。

「家族3人が暮らせる分だけの給料があれば、それで充分」そう思います。

夫も「会社のためだけに働くのではなく、自分や家族の生活を第一に考えて仕事をする」という風に気持ちを切り替えたようです。

しばらくは時短・残業なしで仕事をし、段階を経てフル勤務に戻ります。

私は今まで通り「夫が普段通りの生活を送れる」よう、サポートするつもりです。

まとめ:夫がうつになったら妻にできること

夫がうつになったら、妻にできることは次の5点。

  1. 規則正しい生活を送れるようにサポートする
  2. 薬の飲み忘れがないように気を付ける
  3. 毎日日光を浴びて運動するよう持ちかける
  4. アレコレ口出しせず温かく見守る
  5. 休職中は「本人の好きな事」をしてもらう

これくらいかなと思います。

私は専業主婦なのでできませんでしたが、金銭面のサポートも心強いと思います。

とにかく「人間らしい、自分らしい生活を送れるように支える」のが妻にできることかなと思いました。

(細かい話は別記事にまとめる予定です)

カエデ

「うつになった家族を支えて、自分もうつになった」となっては大変です。

サポートする側が「しんどくない程度に」うつの人を支える

それでいいと私は思いますよ。

▼「うつ夫への接し方」を学ぶために私が読んだ本はこちらで紹介しています。

夫がうつに! 接し方がわからない時に私が読んだ本をまとめてみた 見ていただいてありがとうございます。 半年前に夫が中程度のうつになり、現在は復職が決まって準備中。 そんな夫を陰ながら支え...

▼うつになっても傷病手当金はすぐにもらえません! 詳しくはこちら

【体験談】夫がうつになって改めて思った「お金の大切さ」 見ていただいてありがとうございます。 半年前に夫が中程度のうつになり、現在は復職が決まって準備中。 そんな夫を陰ながら支え...

▼夫がうつになってから、私も「しんどい」と感じる時期もありました

【体験談】夫がうつに! 私も「疲れた・辛い・イライラする」時期がありました 見ていただいてありがとうございます。 半年前に夫が中程度のうつになり、現在は復職が決まって準備中。 そんな夫&未就園児の娘...

▼夫がうつになったら、両親や義両親に連絡したほうがいい?

【体験談】夫がうつに! 両親や義両親に連絡したほうがいい? 見ていただいてありがとうございます。 半年前に夫が中程度のうつになり、現在は復職が決まって準備中。 そんな夫を陰ながら支え...