子育て

幼稚園の水筒はステンレス・プラスチックどっち? 機能・衛生面で比較してみた

見ていただいてありがとうございます。

4才の娘を育てる主婦、はつがカエデです。

前職では「飲料会社の検査員」をしていました。

幼稚園の水筒選び、ステンレス製・プラスチック製どっちか迷いますよね。

実はどちらもメリット・デメリットがあります。

機能面・衛生面でメリット・デメリットをまとめてみました。

また「どんな子にどっちの水筒がおすすめ」なのかもまとめてみました。

カエデ

幼稚園の中には「水筒の指定がある」ケースもあります。

よく確認してから水筒を購入しましょう!

▼幼稚園の水筒選びに大苦戦した様子はコチラで読めます

【体験談】幼稚園の水筒選びで3本失敗しスケーターの水筒にたどり着いた話 見ていただいてありがとうございます。 もうすぐ4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 幼稚園で「自分で開け閉めで...

ステンレス製水筒のメリット:丈夫

  • 丈夫
  • 水筒内にキズがつきにくい

子供って水筒をどのように扱うかわかりませんよね。

もしかしたら地面に落としたり・どこかにぶつけるかもしれない…。

そう考えるとステンレス製の方が丈夫そうだなとは思います。

またプラスチック製だと、水筒内にキズが付いた場合「雑菌の心配」があります。

そのなかでも「栄養分豊富」な飲み物を入れた場合が心配です。

理由は「栄養豊富=雑菌が繁殖しやすい」からです。

意外と知られていないのですが、麦茶は雑菌が繁殖しやすいお茶です。

炭水化物を含み・殺菌作用のある「カテキン」がほとんど含まれていないからです。

なので「キズが付きにくいステンレス製」の方が衛生面では安心です。

カエデ

ただし酸・塩分を含む飲み物を入れると腐食の原因になります。

柑橘系の果汁ジュース・みそ汁などは避けましょう。

(スポーツドリンクは使用後すぐ洗えば問題ないようです)

ステンレス製水筒のデメリット:重い・高い

  • 重たい
  • 値段が高い
  • 食洗器不可

ステンレス製のデメリットの1つに「重たくて値段が高い」ことが挙げられます。

スケーターの「同じキャラクターでだいたい同じ容量の水筒」と比べてみても

▼ステンレス製:容量470ml、重量300g

▼プラスチック製:容量480ml、重量140g

プラスチック製水筒と比べると、重さも値段も2倍くらい違いますよね。

ステンレス製だからと言って「必ず長持ちするとは限らない」のも痛いところ…。

中には「ステンレス製水筒なのに何回も買い替えている」という親もいます。

https://twitter.com/2020tankobu/status/1264380889699500032?s=20&t=-aFjkZGF7yuuTBgBWZdnwQ

何度も買い替える必要性を考えたら、ステンレス製水筒は高いなと思います。

またステンレス製水筒の中には「食洗器不可」のものがあります。

手で洗わないといけないのが少々手間ですね。

ステンレス製水筒はどんな子におすすめ?

ステンレス製水筒は「体の大きい子・活発な子」向けかなと思います。

やっぱり多少落としても壊れないのがメリットですよね。

動き回る=壊れる可能性が高い分、丈夫なステンレス製が良いかなと感じました。

また麦茶を飲む子なら、ステンレス製のほうがいいです。

傷が付きやすいプラスチック製水筒は避けた方がいいでしょう。

▼直飲み・コップ2WAYタイプはこちら

プラスチック製水筒のメリット:軽い・安い

  • 軽い
  • 値段が安い
  • 食洗器OK

プラスチック製のメリット言えば「軽さ」

先ほどお話しした通り、プラ製水筒の重さは「ステンレス製の半分」くらいです。

力の強くない子供だと、ステンレス製は重くて嫌がる可能性もあります。

(私の娘はステンレス製の水筒のフタが開けられませんでした)

また値段もステンレス製より半分程度ですむのが親にとっては嬉しい。

そしてプラスチック製は「食洗器OK」なのも多いです。

親にとってはプラスチック製水筒の方が色々と助かりますね。

▼幼稚園の水筒選びに大苦戦した様子はコチラで読めます

【体験談】幼稚園の水筒選びで3本失敗しスケーターの水筒にたどり着いた話 見ていただいてありがとうございます。 もうすぐ4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 幼稚園で「自分で開け閉めで...

プラスチック製水筒のデメリット:もろさ・衛生面

  • 壊れやすい
  • 水筒内にキズが付きやすい

プラスチック製水筒のデメリットは「もろさ」

地面に落としたり・どこかに強くぶつければ割れてしまいます。

元気いっぱい動き回る子だと、ひんぱんに買い替える羽目になるかも…。

そしてプラスチック製は傷が付きやすいのが難点。

見えない細かな傷が水筒内にできて、そこに雑菌が入り込む可能性があります。

糖分や乳を含む飲み物・麦茶をいれるなら、ステンレス製の方が個人的におススメです。

(カテキンを含むお茶・水を入れるならプラスチック製でもいいと思います)

カエデ

コップ式なら口を直接付けない分、衛生的にも安心です!

プラスチック製水筒はどんな子におすすめ?

プラスチック製水筒は「体の小さい子、おとなしい子」におすすめ。

水筒を落とす・ぶつける心配のない子なら、プラスチック製でも大丈夫でしょう。

実はステンレス製の水筒、重たい上に「ふたのボタンが硬いタイプ」があります。

年少だと「パワー不足でフタが開けられない」というケースも…。

なので水筒デビューはプラスチック製から始めるのが良いかなと思います。

衛生面ではやや心配ですが、水・カテキンを含むお茶なら雑菌が繁殖しにくいです。

直接口をつけない「コップ式」の方が衛生面ではまだ安心です。

カエデ

プラ製コップ式水筒はメジャーじゃないので手に入りにくいです。

水筒メーカースケーター(楽天市場)なら取り扱いがありますよ。

まとめ

♦ステンレス製水筒のメリット・デメリット

  • 丈夫
  • 水筒内にキズがつきにくい
  • 重たい
  • 値段が高い
  • 食洗器不可

どんな子におすすめ:活発な子・体の大きい子、麦茶を飲む子

♦プラスチック製水筒のメリット・デメリット

  • 軽い
  • 値段が安い
  • 食洗器OK
  • 壊れやすい
  • 水筒内にキズが付きやすい

どんな子におすすめ:おとなしい子・体の小さい子、水や麦茶以外のお茶を飲む子

ステンレス製もプラスチック製も一長一短です。

なのであなたのお子さんに合わせて水筒を選ぶのが良いかと思います。

衛生面でいうと「コップ式でステンレス製」が一番おススメです。

ですが子供次第では「コップは難しい・ステンレス製は重たい」ケースもあります。

なのでまずは直飲みプラスチック製水筒から始めてみるのも良いかと思いますよ。

▼ステンレス製水筒

▼プラスチック製水筒

▼有名な水筒メーカー「Skater(スケーター)」なら、水筒の種類も豊富ですよ!

スケーター公式ショップ(楽天市場)

スケーター公式ページ(Amazon)

カエデ

楽天市場店なら「交換用ゴムパッキン」の取り扱いもあります

▼幼稚園の水筒選びに大苦戦した様子はコチラで読めます

【体験談】幼稚園の水筒選びで3本失敗しスケーターの水筒にたどり着いた話 見ていただいてありがとうございます。 もうすぐ4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 幼稚園で「自分で開け閉めで...

▼「練習用お箸について」まとめてみました

【体験談】コンビはじめてお箸とエジソンのお箸のメリット・デメリットまとめ 見ていただいてありがとうございます。 3歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 子どものしつけ箸、どれにしようか迷...
【レビュー】ピジョン はじめてのかんたんおはしは食洗器OKで使いやすい 見ていただいてありがとうございます。 お箸を練習中の3歳娘を育てる主婦、はつがカエデです。 わが家は「コンビのはじ...
RELATED POST