日用品

西川ドライウェルとドライウェルプラスの違い!最新型はドライウェル

閲覧ありがとうございます。

フローリングに直接布団を敷いている主婦、はつがカエデです。

寝具の西川から、ドライウェルとドライウェルプラスが発売されていますよね。

『一体どっちが最新型?どっちを選んだらいいの?』

そんな方向けに、それぞれの違いを調べてみました。

結論を言うと、最新型で吸湿性がアップしたのは「ドライウェル」の方です。

ドライウェルプラスの方が旧型なんですよ。

なので選ぶなら断然ドライウェルです。

違いを調べてみましたので、ぜひ参考にしてください。

created by Rinker
¥10,780 (2022/10/06 19:16:58時点 楽天市場調べ-詳細)

ドライウェルとドライウェルプラスの比較

▼ドライウェル

▼ドライウェルプラス

ドライウェル比較項目ドライウェルプラス
シングル…8,600円
セミダブル…12,999円
ダブル…14,999円
(いずれもAmazon価格)
種類と値段シングル…在庫なし
(楽天…7,700円)
セミダブル…在庫なし
(楽天…14,080円)
ダブル…13,059円
(楽天…16,280円)
約1.1kg重さ(シングル)約1.1kg
90X180cmサイズ(シングル)90X180cm
日本生産国日本
ポリエステル55%
合成繊維(モイスファイン)45%
組成ポリエステル60%
合成繊維(モイスファイン)40%
できる洗濯できる
あり消臭性あり
あり(SEKマーク有)抗菌性あり(SEKマーク有)
2020発売2019

(※価格は2022/8/21時点での税込価格です。)

どちらも東京西川から発売されている調湿シートです。

表を見てもらうとわかる通り「ドライウェル」の方が最新型です。

そしてドライウェルの方が、モイスファインという吸湿繊維が5%アップしています。

なので吸湿性がアップした「ドライウェル」を買いましょう。

モイスファインとは

  • ウールの3倍、コットンの5倍以上の高い吸湿性能を持つ
  • 状況に応じて吸湿と放湿を繰り返す、特殊なアクリレート繊維
  • シリカゲルAとくらべて2~3倍以上の吸湿性
  • アンモニア臭などを吸収する消臭性がある

参考:モイスファイン®MOIS FINE® | 製品情報 | 日本エクスラン工業株式会社

まとめ

ドライウェルとドライウェルプラスの違いを調べてみました。

  • 最新型はドライウェルの方
  • ドライウェルの方がモイスファインが5%アップ

ドライウェルプラスの方が旧型なので、選ぶなら断然ドライウェルです。

ぜひ購入の参考にしてくださいね。

created by Rinker
¥10,780 (2022/10/06 19:16:58時点 楽天市場調べ-詳細)

▼からっと寝・サラネル・ドライウェル・さらっとsunの違いをひと記事にまとめました

西川 調湿・除湿シート4種の特徴を比較! どれを選んだらいい? 閲覧ありがとうございます。 西川からっと寝を購入した主婦、はつがカエデです。 西川の調湿シートって、たくさん発売さ...

▼ドライウェルより低価格で洗える「さらっとsun」もあります(吸湿材はシリカゲル)

さらっとsunとからっと寝の違いを比較! さらっとsunは洗える 閲覧ありがとうございます。 西川からっと寝を購入した主婦、はつがカエデです。 西川から「からっと寝(西川リビング)...

▼西川からっと寝とドライウェルの違いをまとめました

西川からっと寝とドライウェルを比較! おすすめはどっち? 閲覧ありがとうございます。 フローリングに直接布団を敷いている主婦、はつがカエデです。 寝具の西川から、からっと寝...

▼梅雨の季節は「象印のスマートドライ」があると便利ですよ

【レビュー】象印布団乾燥機スマートドライがあれば布団が楽に乾かせる! 見ていただいてありがとうございます。 布団は「ほぼ万年床」の主婦、はつがカエデです。 布団ってずっと敷きっぱなしだ...