夫婦関係

夫婦仲が悪いと子供に依存する?→親と子が共依存の関係になります

閲覧ありがとうございます。

両親の仲が悪い家庭で育った主婦、はつがカエデです。

私は「父が身内に厳しく、母は父に従いながらも子供に愚痴を吐く」家で育ちました。

私と私の兄弟は「母のご機嫌取り」のために生きました。

つまり「母親と子供が共依存する関係」で生きてきたんです。

大人になった今、私はかなりつらい思いをしています。

同じようなことを「自分の子供にしようとしているから」です。

そして私の兄弟は未だに、家から巣立つことができません。

夫婦の事情と子どもの人生は関係ないし、子どもは夫婦の所有物ではありません。

夫婦仲が悪いなら、子供をはさまずに夫婦だけで解決してほしいです。

夫婦仲を取り持つために生きた子供が、どんな人生を歩むのかお話しします。

▼親のために生きた子供がどんな大人に育つのか、この本に書いてあります。

夫婦が仲悪いと子供に依存する

夫婦仲が悪いと、子供に依存する可能性は高いです。

パートナーに愛されない寂しさを、子供で満たそうとするからです。

無意識で、子供に「自分のご機嫌を取るように」育て上げようとします。

(子供が男の子の場合は「理想の夫」になるよう育てる傾向があるみたいです)

子供はそんな事情を知らず、親の希望通りに育っていきます。

親の希望通りにすれば、親から愛してもらえるからです。

すると子供は「親のために生きるように」なります。

やがて親と子は「離れられない」共依存の関係になります。

実際私の周りにいる「夫婦仲が悪い家で育った子供」は、こんな感じになっています。

  • 就職できない
  • 結婚できない
  • ひきこもり
  • 結婚しても実家に入り浸り
  • いつも片方の親とべったり

つまり親は子を離さず、子は親から巣立とうとしなくなります。

何が問題なのかと言うと、親がいつまでも子を「自分の所有物」と思っている点です。

夫婦仲が悪く子供に依存する伯父は、結婚して家を出る私に、このように言いました。

「残された母親(妹)はどうするねん!寂しい思いをするやろうが!」

これが本音です。子供の人生よりも親の気持ちが優先なのです。

親は先に亡くなりますから、それでいいかもしれません。

ですが、残された子供は「親なしでは生きられない」ために人生が辛くなります。

「親のために生きてきた」ので、自分のために生きることがわからないんです。

なので私は「夫婦仲が悪い→子供に依存する」のは罪だと思っています。

「母のために生きた」私の昔話

私の親は、夫婦仲が良くありませんでした。

私の父は自分にも他人にも厳しい性格。

なので母(妻)にも厳しかったです。

父親は「男は仕事に専念し、女は家事育児に専念すべき」という考えの持ち主。

料理が総菜ばかりだと「総菜はまずいから食わん!」と文句を言い、

子供に何か問題があったら「お前が甘やかすからだ」と言いました。

でも母親は「家事育児に専念したい妻」ではありませんでした。

「共働きで、家事育児は夫婦平等にしたい」と思っていたみたいです。

「パートでそこそこ稼いで、帰ってきたら家事育児もしろなんて、それが一番難しいことだって男は分かってない」と言ってました。

つまり、結婚した当初から「結婚の価値観」が合っていなかったのです。

家事育児に専念してほしい父と働きに行きたい母は、当然ケンカになりました。

でも母が父に訴えかけても、父は聞く耳を持ちません。

「お前の考えは甘い」と一刀両断。

認識のすり合わせとか、話し合いとか、そんなレベルじゃありません。

父が一方的に話し、自分の正論を押しつけ、母親の話を聞こうとしない。

母親は父親に養ってもらっている負い目があるのか、何も言い返せませんでした。

そして父親に言い返せない母のイライラ解消方法が、子供の私と兄弟だったのです。

母は毎日不機嫌な顔で、私や兄弟に「父親の愚痴」を吐きました。

  • 「過去にはもっといい男と付き合っていた」
  • 「あんたたちがいなかったらとっくに離婚していた」
  • 「どこか連れて行ってくれたり、家族サービスをしてくれる夫が良かった」

父の愚痴を聞かされ続けた私と兄弟は「母親がかわいそうだ」と思いました。

私たちが母親のそばにいないと、と子供ながらに感じたのです。

母は寂しさを子で補い、子は母のために生きた

父の愚痴と一緒に、母はよくこう言ってました。

  • 「あんたがいるから、私はなんとか生活できている」
  • 「あんた達がいなくなったら、父とどうやって暮らしたらいいかわからない」
  • 「父は子供はいなくてもいいって言ってた。でも私の味方を作るために子供を作った」

こんなことを言われたら、子供はこう思います。

「母親は父親のせいで不幸になっている。母親を守ってあげなければ」

子供は親が大好きで、親に幸せでいてほしいと思います。

親が幸せなら、子供(自分)も愛してくれると思っているからです。

なので自分の事より、母親の事を優先するようになりました。

父親が母親の事を大事にしないなら、子供(自分)が代わりに幸せにしなきゃと。

こうして母親と子供の依存関係が出来上がってしまったのです。

母親が「買い物に行きたい」と言ったら、母親に付きそうのは当たり前です。

母親が「(父が運転しないから)あんたが運転して」と言ったら、その通りに免許を取りに行きました。

母親が体調を崩せば、子供が母親の代わりに家事をこなしました。

母親が父親の愚痴を言えば、話に付き合って共感してあげました。

つまり、私も兄弟も「母のご機嫌取りのために生きていた」のです。

「母は子がいないと生きられない、子は母を喜ばすために生きようとする」

見事な共依存関係の出来上がりです。

父が悪者、子がヒロインを守る騎士、悲劇のヒロインが母という、不思議な家庭環境になりました。

母への罪悪感から「巣立ちできない子供」に

ですが子供も成長して、社会人になったり家庭を持ったりします。

つまり親からの自立=巣立ちの時期です。

ですが親子が共依存の関係になると、うまく巣立ちできなくなります。

なぜなら「親が巣立ちを許さない」からです。

私も子供の頃は、母親との異常な関係も「当たり前」だと思っていました。

でも大人になるにつれ、息苦しさを覚えるようになりました。

母は就職先を探す時も「家から通える距離にして」

結婚相手を探す時も「近所の相手にして」と言うのです。

たまたま就職先は家から通える距離に決まり、その時は問題なかったんです。

ですが夫と結婚する時に、めちゃくちゃもめました。

他県(夫の実家近く)へ引っ越すことになったからです。

すると母は私を毎日、こう責めるようになりました。

  • 「親戚の子たちは皆、自分の実家近くに住んでいるのに」
  • 「てっきり、こっちの実家の近くに住んでくれると思ってたのに」
  • 「なんでそんな相手を選んだの、もっと地元にいい人いなかったの」

「親を見捨てる」罪悪感を抱かせるような言葉で、私を毎日責めるのです。

私も「私は親を見捨てるようなひどいことをしているんだ」と、自分を責めました。

夫に泣きながら「母親に責められて辛い」と電話したこともあります。

(夫は当然困惑してましたし、一緒に住むのを延期しようかとも提案されました)

母が「結婚式なんて見たくない」と言ったので、結婚式は挙げませんでした。

結婚して家を出た後も、しばらく母から「父の愚痴の長電話」がかかってきました。

2週間に一度、実家に帰ってきてほしいとも言ってました。

でも家を離れたことで、今はそこまで私に執着しないようになりました。

「もうこの子が帰ってくることはない」と覚悟を決めたのでしょう。

ですが母は私の代わりに、今度は兄弟を逃がさないようになりました。

「就職先は家から通えるところ。結婚もしなくていい」というのです。

私の兄弟はいまだに結婚せず、就職もせずに、実家で暮らしています。

「子はかすがい」の罠

この話を聞いて「母親が子離れできないから起こった問題だ」と思った方。

実はそうではありません。母親だけが悪いのではないんです。

問題は「夫婦関係がこじれた時に、夫婦同士で解決しようとせず、子供を犠牲にしたこと」です。

なので私は「父親母親どちらも悪い」と思っています。 

父親が母親の話をしっかり聞いていたら。

母親が我慢せずにハッキリと父親に話していたら。

そうすれば、子供が「母親の機嫌取りのために生きる」ようなことにはならなかったはず。

でも父親は「自分が正しい」と思い込み、母親の話を聞かなかった。

母親がうつになっても「母が精神的に弱いからだ」と言いました。

自分が原因とは全く思っていなかったみたいです。

母親も「父親に見放されれば生きていけない」という不安から、父親に言いたいことを言えなかった。

そのイライラや、満たされない寂しさを子供に向け、子供が「母親の思い通りに行動するよう」育てました。

「私は父親に大事にされず、かわいそうな存在だから、私の子供なら私のことを大切にして」という支配(依存)です。

父親と母親が向き合って話し合い、夫婦で良い協力関係を築けていたら

母は父に「大切にされている」と思ったはず。

つまり、母が「父親の代わりに、子供が自分を愛してくれるよう依存させる」こともなかったはずです。

私は「子はかすがい」という言葉、正直言って嫌いです。

子はかすがいとは「夫婦仲が悪くても、子への愛情のおかげで夫婦の縁を切らずにいられる」ということわざ。

自分たちが望んで子供を作ったのに、勝手に「かすがい」の役割を与えないでほしい。

「夫婦だけでも幸せだけど、子供がいたらもっと幸せ」という家庭で生まれたかったです。

▼子供の将来を大切にしたいなら、一度こちらの本を読んでみてください。

もう一度、夫婦で向き合う気があるなら

私は大人になってから、この過去のせいで本当に苦労しました。

特に娘を産んで育てる立場になった時が辛かった。

母親と同じように、私も無意識で「娘を支配しようとした」からです。

気づいた時はすごくショックでした。「こんな母親でごめん」とひどく責めました。

だから「私のように悩む子供がいなくなってほしい」と思って、正直にお話しさせてもらいました。

もし夫婦関係が修復可能なら、夫婦互いに歩み寄る努力をしてほしいです。

結婚したってお互い「血の繋がらない他人」です。

「家族だし、相手を自分の思い通りにしてもいい」と思っていたらケンカになります。

なので結婚した後も、お互い歩み寄る努力は必要です。

とは言うものの、どうしたらいいかわかりませんよね。

私は「夫のトリセツ・妻のトリセツを読み合う」のがいいと思います。

本を読んでもらうとわかるのですが、男と女では会話の目的・愛情表現の仕方が全く違います。

それを知らずに「自分がされたら嬉しいことをすれば、相手も喜んでくれるはず」

と思い込んでいるから、夫婦関係がこじれます。

間違いの例

夫→毎日家に帰る、お給料を渡していれば愛情表現

妻→何でも察してやってあげることが愛情表現

男女の脳の違いを認めて「パートナーが喜ぶことは何なのか」を素直に勉強してもらいたいです。

相手に変わってもらいたいなら、相手が変わることを期待せず、まず自分から変わりましょう。

カエデ

偉そうに言う私も、夫のトリセツを読んで考えを改めた人間です…。

夫も妻のトリセツを読んで、いい気付きがあったみたいです。

本を読んでお互いのことがよくわかり、夫婦関係が良くなりましたよ。

▼夫婦関係の改善には、この2冊がおすすめです

created by Rinker
¥412 (2022/10/06 02:15:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥412 (2022/10/06 18:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

夫婦仲が悪いと、子供に依存する可能性は高いです。

パートナーに愛されない寂しさを、子供で満たそうとするからです。

そして子どもを「親のために生きる子」に育てあげます。

すると子供は結婚しても親にべったりな子に育つか、外で生きられない子に育ちます。

つまり「親から巣立ちできない子」になってしまうのです。

なので夫婦仲を取り持つために、子供を「かすがい」にするのは罪な事なのです。

子供の将来の事を考えるなら、子供を「夫婦のつなぎ目」にするのは辞めましょう。

あなたの事情と子どもの人生は関係ないし、子はあなたの所有物ではありませんから。

私のように苦労する子供が一人でもいなくなるよう、願っています。

▼親の所有物のように生きた子供がどのように育つのか、この本に書いてあります。

▼夫婦関係の改善には、この2冊がおすすめです

created by Rinker
¥412 (2022/10/06 02:15:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥412 (2022/10/06 18:21:49時点 Amazon調べ-詳細)
【体験談】夫婦仲が悪い場合の子供への影響と子供の特徴 見ていただいてありがとうございます。 4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 私の両親は世間的に見ても「夫婦仲は...
子供に怒ると後悔→自己嫌悪→罪悪感で辛い…怒鳴ってしまうのをやめたい 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘を育てる主婦、はつがカエデです。 『子供に対して、どうしても厳しく怒ってしまう...
【夫側】子育て中の妻の機嫌が悪い理由と対処法を妻がお話しします 閲覧ありがとうございます。 4歳の娘を育てる専業主婦、はつがカエデです。 「なんか妻がイライラしてる」「いつも不機...
【妻側】不機嫌になるのを直したいけど直せない、コントロールできない 閲覧ありがとうございます。 普段は温厚だけど、PMS時だとついイライラしちゃう主婦、はつがカエデです。 「不機嫌に...